このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
ようこそ! きっずの森へ
サイトメニューここまで

本文ここから

令和4年2月・3月のおすすめ

更新日:2022年2月3日

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。中央図書館(外部サイト) 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。牟礼図書館(外部サイト) 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。香川図書館(外部サイト) 

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国分寺図書館(外部サイト) 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。瓦町サテライト(外部サイト) 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。夢みらい図書館(外部サイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。移動図書館ララ号(外部サイト)

高松市中央(たかまつしちゅうおう)図書館が、2か月ごとに色々(いろいろ)な本を紹介しています。
国分寺(こくぶんじ)図書館、香川(かがわ)図書館、牟礼(むれ)図書館、(ゆめ)みらい図書館もそれぞれ本の紹介リーフレットを作成(さくせい)して紹介しています!

図書館での行事(ぎょうじ)は、イベントの(もり)へ → イベントの森

いままでに紹介したおすすめの本はここからみれるよ!

2022年2月・3月のおすすめ「()のちから」

書名
著者
出版社等

内容

『はじまりは たき()
()と くらしてきた わたしたち』
作:まつむら ゆりこ
絵:小林 マキ
出版社:福音館書店

太古(たいこ)から、わたしたちは()とくらして
きました
時代(じだい)がすすむにつれ()をつかって
できることがふえ、さらに電気(でんき)という
すごい(ちから)登場(とうじょう)します
自然(しぜん)やエネルギーについて(かんが)えるとき、
()(ぐち)となる中高学年向(ちゅうこうがくねんむ)きの絵本(えほん)です

『かじだ、しゅつどう!』
さく:山本 忠敬
出版社:福音館書店

ブザーがなって、しょうぼうしょから、
はしごしゃ、きゅうきゅうしゃ、ポンプしゃや
レスキューしゃが、かじのげんばへいそぎます
長年(ながねん)()()がれているおはなし
英語版(えいごばん)もあります

『ダーラナのひ』
作:nakaban
出版社:偕成社

ダーラナは、うみのそばのながいみちを
あるいています
きのえだをあつめて、たきびをおこすと、
「ダーラナ ダーラナ こんばんは」と、こえが
します…
ゆったりとした言葉(ことば)と、大胆(だいたん)(ふで)づかいの油絵(あぶらえ)で、
()のまぶしさや(あたた)かさを(かん)じられる絵本(えほん)

『かちかちやま』
再話:おざわ としお
画:赤羽 末吉
出版社:福音館書店

わるさをしたたぬきに、しかえしをするうさぎ
ひうちいしをかちっかちっといわせて、
たぬきのせなかにひをつけます…
日本画(にほんが)基調(きちょう)としつつ、コミカルな()もおもしろい
昔話研究(むかしばなしけんきゅう)小澤(おざわ)さんによる再話(さいわ)

火山(かざん)はめざめる』
作:はぎわら ふぐ
監修:早川 由紀夫
出版社:福音館書店

長野(ながの)群馬(ぐんま)にまたがる浅間山(あさまやま)は、過去(かこ)
何度(なんど)噴火(ふんか)してきました
現在(げんざい)わかっている2(まん)5千年前(せんねんまえ)からの
噴火(ふんか)歴史(れきし)を、理学博士(りがくはくし)地質学(ちしつがく))の
著者(ちょしゃ)が、やさしく(かた)りかける絵本(えほん)
時代(じだい)ごとの人々(ひとびと)服装(ふくそう)(はたけ)()まいの
ようすの()忠実(ちゅうじつ)(えが)かれており、
中高学年(ちゅうこうがくねん)におすすめです

 『桜島(さくらじま)(あか)()
文・写真:宮武 健仁
出版社:福音館書店

火山(かざん)()がる(あか)()は、「火映(かえい)
という現象(げんしょう)
その(あか)()()たいと、桜島(さくらじま)での撮影(さつえい)
のぞんだ著者(ちょしゃ)写真(しゃしん)(ぶん)記録(きろく)
火口(かこう)からわずか3キロメートルの地点(ちてん)
()られた火映(かえい)や、噴火(ふんか)(かみなり)があわさった
火山雷(かざんらい)」の様子(ようす)など、地球(ちきゅう)(はげ)しさと
神秘(しんぴ)さを(かん)じさせる一冊(いっさつ)

()っておきたい
日本(にほん)火山図鑑(かざんずかん)
監修・著:林 信太郎
出版社:小峰書店

火山(かざん)(おお)日本(にほん)
火山(かざん)噴火(ふんか)すると、とても危険(きけん)ですが、
(しず)かなときは温泉(おんせん)地熱(ちねつ)利用(りよう)できる
()さもあります
火山(かざん)構造(こうぞう)や、種類(しゅるい)噴火(ふんか)予測(よそく)など、
火山(かざん)について写真(しゃしん)とイラストで解説(かいせつ)された
一冊(いっさつ)
(おな)著書(ちょしゃ)の『世界一(せかいいち)おいしい火山(かざん)(ほん)
チョコやココアで噴火実験(ふんかじっけん)』もおすすめ

『くらしを()えてきた
あかりの大研究(だいけんきゅう)
たき()、 ろうそくからLEDまで』
監修:坪内 富士夫、藤原 工
著:深光 富士男
出版社:PHP研究所

人類(じんるい)()をおこせるようになったのは、
数十万年前(すうじゅうまんねんまえ)といわれ、白熱電球(はくねつでんきゅう)がつくられた
のは、およそ130年前(ねんまえ)のこと
日本(にほん)では、どのように、あかりが(とも)されて
きたのか現代(げんだい)のLEDまで、時代(じだい)ごとに道具(どうぐ)や、
それを使(つか)様子(ようす)写真(しゃしん)()紹介(しょうかい)されています

(やま)(うえ)()
文:ハロルド・クーランダー
ウルフ・レスロー
訳:渡辺 茂男
絵:土方 久功
出版社:岩波書店

若者(わかもの)アルハは、ひょんなことから、あるじの
ハプトムとかけをすることになります
それは、さむい(やま)(うえ)でなにもたべず、()にも
あたらず、きものもきないで、()きていられるか
というもの
エチオピアのちえくらべのお話集(はなししゅう)
()んであげるなら低学年(ていがくねん)から

火狩(ひか)りの(おう)
作:日向 理恵子
絵:山田 章博
出版社:ほるぷ出版

人類最終戦争後(じんるいさいしゅうせんそうご)人々(ひとびと)人体発火(じんたいはっか)をする
病原体(びょうげんたい)(おか)されていた
(ひと)安全(あんぜん)使(つか)うことができる唯一(ゆいいつ)()は、
(もり)にいる炎魔(えんま)から()れる()のみ
それを()る「火狩(ひか)り」たちと、主人公(しゅじんこう)灯子(とうこ)
中心(ちゅうしん)に、(やみ)との(たたか)いが(はじ)まります
挿絵(さしえ)は、人気小説(にんきしょうせつ)十二国記(じゅうにこくき)』(小野(おの) 不由美(ふゆみ)
(ちょ)新潮社(しんちょうしゃ))シリーズを()がける画家(がか)によるもの

お問い合わせ

このページは生涯学習課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎10階
電話:087-839-2633
ファクス:087-839-2624

Eメール:syakyo01@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ