このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
ようこそ! きっずの森へ
サイトメニューここまで

本文ここから

令和3年2月・3月のおすすめ

更新日:2021年2月9日

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。中央図書館(外部サイト) 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。牟礼図書館(外部サイト) 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。香川図書館(外部サイト) 

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国分寺図書館(外部サイト) 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。瓦町サテライト(外部サイト) 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。夢みらい図書館(外部サイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。移動図書館ララ号(外部サイト)

高松市中央(たかまつしちゅうおう)図書館が、2か月ごとに色々(いろいろ)な本を紹介しています。
国分寺(こくぶんじ)図書館、香川(かがわ)図書館、牟礼(むれ)図書館、(ゆめ)みらい図書館もそれぞれ本の紹介リーフレットを作成(さくせい)して紹介しています!

図書館での行事(ぎょうじ)は、イベントの(もり)へ → イベントの森

いままでに紹介したおすすめの本はここからみれるよ!

2021年2月・3月のおすすめ「すごい!主人公(しゅじんこう)

書名
著者
出版社等

内容

『ゆうかんな(おんな)()ラモーナ』
作:ベバリイ・クリアリー
訳:松岡 享子
絵:アラン・ティーグリーン
出版社:学研教育出版

ラモーナはゆうかんで、おそれを()らぬ6(さい)(おんな)()
小学(しょうがく)1年生(ねんせい)になり、わくわくしながら()った学校(がっこう)ですが、
先生(せんせい)や、クラスメイト、まわりの(ひと)に「わかってもらえない!」
という、もどかしさや、(いか)りにさいなまれます
()どもたちには共感(きょうかん)を、大人(おとな)たちには()どもの気持(きも)ちを
()ることができる一冊(いっさつ)です

『かしこいビル』
さく:ウィリアム・ニコルソン
やく:まつおか きょうこ、
よしだ しんいち
出版社:ペンギン社

あるひ、メリーにおいていかれたにんぎょうのビル
かわいそう!
しかしビルは、はしって、はしって、メリーをおいかけ
ます…!
ことばの快速(かいそく)なリズムと、クラシックな()は、一見地味(いっけんじみ)
ですが、(ちい)さい()への()()かせにも、おすすめの名作(めいさく)です

『あくたれラルフ』
さく:ジャック・ガントス
え:ニコール・ルーベル
やく:いしい ももこ
出版社:福音館書店

セイラの()(ねこ)ラルフは、まいにちあくたれざんまい
かっている(とり)をおいまわし、じてんしゃにのって、
へやにつっこんできたり…
そんなラルフはあるひ、サーカスにおきざりにされて
しまいます
ユーモアのある()も、いっそうラルフのすごみを
(かん)じさせます


『かべのすきま』
文:中西 翠
絵:澤野 秋文
出版社:アリス館

こんやはぼくひとり
どこからかひとの(こえ)がきこえる…
と、かべのすきまから、ニョキッと…
ヒョウがらの(あし)が?!
あらわれたのは三人(さんにん)のおばちゃん
ありえない展開(てんかい)、なまなましい関西弁(かんさいべん)
でもなんだかあったかい不思議(ふしぎ)(よる)のお(はなし)

(くち)ひげが世界(せかい)をすくう?!』
作:ザラ・ミヒャエラ・
オルロフスキー
絵:ミヒャエル・ローハー
訳:若松 宣子
出版社:岩波書店

ヨナタンは、なんでも(つく)れるおじいちゃんが
大好(だいす)きな(おとこ)()
しかし、あばあちゃんをなくしてから、おじいちゃんは
ずっと元気(げんき)がない
そんなおじいちゃんが、ある大会(たいかい)をめざす!と宣言(せんげん)します
それは「世界(せかい)ひげ大会(たいかい)」で、ふたりは作戦(さくせん)をたてはじめます
()きこまれた線画(せんが)(たの)しい、オーストリア(はつ)のユーモア
あふれるお(はなし)です


探検(たんけん)!いっちょかみスクール
魔法使(まほうつか)いになるには (へん)
作:宗田 理
出版社:静山社

小学校高学年(しょうがっこうこうがくねん)(おんな)()ユトリは、魔法使(まほうつか)いに
になるため、ある(じゅく)(かよ)うことに
心配(しんぱい)した(おさな)なじみの礼司(れいじ)も、いっしょに()くことに
なりますが、その(じゅく)はとんでもない(かず)の、「すごい」
先生(せんせい)たちがいて…
『ぼくらの七日間戦争(なのかかんせんそう)作者(さくしゃ)(しん)シリーズ開幕(かいまく)です

『ビーナスとセリーナ
テニスを()えた伝説(でんせつ)姉妹(しまい)
文:リサ・ランサム
絵:ジェイムス・ランサム
日本語版監修:飯田 藍
訳:松浦 直美
出版社:西村書店

ビーナスとセリーナは1(さい)ちがいのなかのよい姉妹(しまい)
テニスが大好(だいす)きな家族(かぞく)(なか)で、(ちい)さなころからテニスの
練習(れんしゅう)をしてきました
(ゆた)かな家庭(かてい)でもなく、黒人(こくじん)がテニスをすることでたくさんの
差別(さべつ)経験(けいけん)しますが、ふたりはどんどん(つよ)くなっていきます
なりたい自分(じぶん)をあきらめない、ふたりの姿(すがた)をぜひ()()しい
中高学年向(ちゅうこうがくねんむ)きの絵本(えほん)です

『ハイジ
作:J.シュピーリ
訳:矢川 澄子
画:パウル・ハイ
出版社:福音館書店

(ちい)さな(おんな)()ハイジは、ある()叔母(おば)さんに
つれられ、(ちい)さな(やま)あいの(むら)にやってきます
そこで、おじいさんと自然(しぜん)動物(どうぶつ)にかこまれ、
()()きとした(くら)しをおくりますが、ある()
叔母(おば)さんが(むか)えにやってくると…
原作(げんさく)出版(しゅっぱん)は1880(ねん)ですが、ページを
(ひら)くたびに、アルプスの自然(しぜん)とハイジの
生命力(せいめいりょく)(かん)じます
長編(ちょうへん)ですが、()みやすい作品(さくひん)です

名探偵(めいたんてい)カッレ 城跡(しろあと)(なぞ)
作:アストリッド・リンドグレーン
訳:菱木 晃子
絵:平澤 朋子
出版社:岩波書店

カッレは、名探偵(めいたんてい)にあこがれる(おとこ)()
日々(ひび)仲間(なかま)戦争(せんそう)あそびをしつつも、(まち)防犯(ぼうはん)
()をつけています
ある()、いかにもあやしい(おとこ)がやってきて、
カッレは監視(かんし)をはじめます
すると予想(よそう)()える危険(きけん)事態(じたい)が…!
児童(じどう)()けですが、本格的推理小説(ほんかくてきすいりしょうせつ)
こちらは2019(ねん)に出た新訳(しんやく)新装版(しんそうばん)です
シリーズ3部作(ぶさく)

秘密(ひみつ)のノート』
作:ジョー・コットリル
訳:杉田 七重
出版社:小学館

11(さい)(おんな)()、ジェリーはモノマネが得意(とくい)で、
クラスでも人気者(にんきもの)
しかし、(こころ)のなかでは自分(じぶん)体型(たいけい)や、母親(ははおや)恋人問題(こいびともんだい)
(なや)んでいます
だれにも()えない気持(きも)ちをノートにつづるジェリーですが、
ある(ひと)()せることで、その才能(さいのう)(ひかり)があたります…
YAに、おすすめの小説(しょうせつ)です

お問い合わせ

このページは生涯学習課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎10階
電話:087-839-2633
ファクス:087-839-2624

Eメール:syakyo01@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ