このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

菊池寛記念館 文芸講座

更新日:2021年9月17日

文芸講座とは

文芸講座とは、郷土が生んだ文壇の大御所・菊池寛を顕彰するとともに、地域文芸の振興を図るため、郷土等において活躍している方々による講座を開催するものです。平成6年に「菊池寛を語る集い」という年8回の講座が催され、平成7年より、テーマを限定せず、文芸全体を取り扱う文芸講座が始まりました。以後、毎年開催しています。

皆様の御参加をお待ちしております。

令和3年度 文芸講座について

令和3年度文芸講座は、下記の日程での開催を予定しております。
なお、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、変更又は中止となることがあります。
御理解をいただきますようお願い申しあげます。
また、本年度は「外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。高松ムービー(動画)チャンネル(外部サイト)」でweb配信を行います。配信は開催後の1日又は16日から視聴できます。なお、講師の了承を得た範囲に限ります。

日程/令和3年6月~令和4年3月までの指定日(全10回)
時間/午後1時30分から午後3時まで
会場/サンクリスタル高松3階 視聴覚ホール
参加費/無料

※参加御希望の方は、当日直接会場にお越しください。事前申し込みは必要ありません。先着80名です。

感染予防対策について

  • 受講希望の方には連絡先をお伺いします。
  • 入場時に検温を行います。
  • 受講時にはマスクを着用してください。
  • 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)をインストールしていただきますよう御協力をお願いします。
  • 体調の悪い方、熱のある方は受講をお断りします。あしからず御了承ください。
日程 テーマ 講師 主な経歴等
1 ※6/27

菊池寛と中河与一そしてアルベール・カミュ 文豪と感染症
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。動画(12/31まで)(外部サイト)

田山泰三

英明高等学校教諭、郷土史研究家
全国漢文教育学会評議員、中河与一・幹子顕彰会顧問
主な著書『香川不抱作品集』、『香川を読んだ歌人たち』
※当初6/19に開催する予定でしたが、臨時休館のため開催日を変更しました。

2 7/3

和田邦坊が遺した漫画・小説―旧蔵資料の調査報告をかねて―

西谷美紀

学芸員
香川県高松市出身、龍谷大学文学部史学科国史学専攻、2011年「さぬき画報―栗林公園にいた和田邦坊」展を讃岐民芸館にて企画、2016年和田邦坊リサーチプロジェクトを開始し、同年『和田邦坊デザイン探訪記』を出版する、高松市塩江美術館、公益財団法人四国民家博物館(四国村)を経て、現在は灸まん美術館/和田邦坊画業館の専門職員として勤務

3 ※8/21

天平時代のパンデミック―『万葉集』遣新羅使歌群―
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。動画(2/28まで)(外部サイト)
※配布資料は表の下部からダウンロードできます

東城敏毅

ノートルダム清心女子大学 文学部 日本語日本文学科 教授、博士(文学)
上代文学会理事、美夫君志会理事
國學院大學大学院文学研究科日本文学専攻博士課程修了
主な著書『万葉集防人歌群の構造』、『阿倍仲麻呂在唐歌論』(単著)、『万葉民俗学を学ぶ人のために』、『無名の万葉集』、『万葉集の基礎知識』(共著)など
※臨時休館のため、リモート(配信)での開催となります。会場での講演はありません。

4 ※9/4

讃岐路の山頭火と山頭火句碑
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。動画(3/15まで)(外部サイト)
※配布資料は表の下部からダウンロードできます

平峯千春

元香川大学 医学部 看護学科 教授(専門:免疫学)、薬学博士・医学博士
元放送大学香川学習センター客員教授
著書『免疫学用語辞典』(共著)、報告書『いのちの詩』(平成16、17年度香川大学教養ゼミナール)、地域レポート「閉ざされた島から開かれた島へ~美しき庵治の大島青松園~」、「讃岐路の山頭火と山頭火句碑」(調査月報、百十四経済研究所)
※臨時休館のため、リモート(配信)での開催となります。会場での講演はありません。

5 10/2

菊池寛記念館文学展「石井桃子の101年 本は一生の友だち」共同開催
菊池寛と石井桃子
動画配信予定

尾崎真理子

文芸評論家、早稲田大学 文学学術院 教授
青山学院大学文学部卒業後、読売新聞社に入社、1992年から文化部記者として文芸を担当、東京本社文化部長を経て編集委員、2015年『ひみつの王国 評伝 石井桃子』で芸術選奨文部科学大臣賞、新田次郎文学賞、同作品を含む執筆活動により2016年度日本記者クラブ賞を受賞
著書『現代日本の小説』、『大江健三郎 作家自身を語る』など

6 11/13

源氏物語の魅力
動画配信予定

北原圭一郎

香川大学 教育学部 准教授
2019年東京大学大学院人文社会系研究科日本文化研究専攻修了、香川大学国文学会評議員
著書『新たなる平安文学研究』(分担執筆)、論文「『源氏物語』の贈答歌における返歌の方法について」

7 12/4

~没後40年高松ゆかりの作家~向田邦子の文学

井下正三

日本ペンクラブ会員、菊池寛顕彰会副会長
元菊池寛記念館館長
NHK文化センター高松教室「創作文芸講座 小説・エッセイ」講師
著書『こんぴら歌舞伎』、『戻り橋』

8 1/15

「ずいひつ遍路宿」の書き手たち
動画配信予定

福井明子

ずいひつ遍路宿の会会長、菊池寛顕彰会事務局
第23回ずいひつ遍路宿賞受賞、第48回香川菊池寛賞奨励賞、第49回香川菊池寛賞奨励賞、第51回香川菊池寛賞受賞 
著書『ほうこさんと木地山こけし』

9 2/12 菊池寛「藤十郎の恋」と上方歌舞伎 箕野聡子

神戸海星女子学院大学 現代人間学部 英語観光学科 教授
1987年神戸女学院大学文学部総合文化卒業、1995年関西学院大学大学院文学研究科日本文学卒業、日本文藝学会常任理事
主な著書『横光利一と関西文化圏』(共著)、『太宰治研究21』(共著)、論文「菊池寛、戯曲『阪田藤十郎の恋』考」など

10 3/5

〈働き者〉の文学史

渡邊史郎

香川大学 教育学部 准教授、博士(文学)
1995年筑波大学大学院文芸・言語研究科修了
主な論文「原爆の時をともに」(2017)、「労働・仕事・綜合――花田清輝における〈労働の主題〉からの視角――」(2020)など

主催/高松市・菊池寛顕彰会
お問い合わせ先/菊池寛記念館(電話:087-861-4502)香川県高松市昭和町一丁目2-20サンクリスタル高松3階

菊池寛記念館ホームページ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは文化財課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎7階
電話:087-839-2660  ファクス:087-839-2659

(高松市埋蔵文化財センター)
 住所:〒760-0017 高松市番町一丁目5番1号
 電話:087-823-2714  ファクス:087-823-2715 

(高松市歴史資料館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松4階)
 電話:087-861-4520  ファクス:087-837-9114 

(高松市石の民俗資料館)
 住所:〒761-0121 高松市牟礼町牟礼1810番地
 電話:087-845-8484  ファクス:087-845-5693 

(高松市香南歴史民俗郷土館)
 住所:761-1402 高松市香南町由佐253番地1
 電話:087-879-0717  ファクス:087-879-1818 

(高松市讃岐国分寺跡資料館)
 住所:〒769-0102 高松市国分寺町国分2177番地1
 電話:087-874-8840  ファクス:087-874-8840 

(菊池寛記念館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松3階)
 電話:087-861-4502  ファクス:087-837-9114 
 
<文化財課>
電話:087-839-2660
ファクス:087-839-2659

Eメール:bunkazai@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

便利ナビ

  • 結婚 離婚
  • 妊娠 出産
  • 子育て
  • 入園 入学
  • 引越 住まい
  • 就職 退職
  • 高齢者 介護
  • おくやみ

情報が見つからないときは

よくある質問

文化・芸術

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ