このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

梅毒

更新日:2022年1月5日

梅毒とは、性的な接触(他人の粘膜や皮膚と直接接触すること)などによってうつる感染症です。梅毒トレポネーマという病原体が原因で、感染すると全身に様々な症状が出ます。

!2010年以降梅毒の報告数は全国的に増加しています!

症状

早期顕症梅毒 第Ⅰ期

感染後約3週間後に梅毒トレポネーマが進入した部位に、初期硬結(しこり)、硬性下疳(潰瘍)が形成されます。無痛性のリンパ節腫脹を伴うことがあります。

早期顕症梅毒 第Ⅱ期梅毒

第Ⅰ期梅毒の症状が一旦消失したのち4~10週間の潜伏期を経て、手掌・足底を含む全身に多彩な皮疹、粘膜疹、扁平コンジローマ、梅毒性脱毛等が出現します。

潜伏梅毒

第Ⅰ期と第Ⅱ期の症状消失後の状態をさします。

晩期顕症梅毒

感染後、数年から数十年後に非特異的肉芽腫様病変(ゴム腫)が発生することがあります。また、心臓、血管、脳などの複数の臓器の病変に進展します。

先天梅毒

梅毒に罹患している母体から胎盤を通じて胎児に感染し、死産、早産、新生児死亡、奇形が起こることがあります。

感染経路

感染部位と粘膜や皮膚の直接の接触で感染します。具体的には、性器と性器、性器と肛門(アナルセックス)、性器と口の接触(オーラルセックス)等が原因となります。

予防方法

感染部位と粘膜や皮膚が直接接触をしないように、コンドームを使用すすることが勧められます。ただし、コンドームが覆わない部分の皮膚などでも感染する可能性があるため、コンドームを使用しても100%できると過信はせず、皮膚や粘膜に異常があった場合は性的な接触を控え、早めに医療機関を受診して相談しましょう。

関連情報

お問い合わせ

このページは保健予防課が担当しています。
〒760-0074 高松市桜町一丁目10番27号保健所1階

総務・予防接種係、医務係
電話:087-839-2860
ファクス:087-839-2879

感染症係
電話:087-839-2870
ファクス:087-813-0221

Eメール:hc@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ