このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

後期高齢者医療制度

更新日:2020年4月1日

後期高齢者医療

平成20年4月から「後期高齢者医療制度」が始まりました

・ 後期高齢者医療の被保険者証は1人に1枚交付されます。
・ 医療費の1割(現役並み所得者は3割)を被保険者本人が負担します。
・ 被保険者から保険料を徴収します。(介護保険と同様に、原則として、年金からの天引きとなります。)
 
◆ 制度の運営及び窓口事務について
・ 後期高齢者医療制度は、香川県内の全ての市町が加入する「香川県後期高齢者医療広域連合」が保険者と
 なり運営しています。
・ 高松市では、各種受付等窓口事務及び保険料の徴収事務を行います。
 
◆ 対象となる方
・ 高松市内に住所を有する75歳以上の方
・ 高松市内に住所を有する65歳以上の方で一定の障害がある方
※ 後期高齢者医療制度の被保険者になると、現在加入中の国民健康保険や被用者保険の資格は失われます。
 
◆ 受給資格のできる時期
・ 75歳の誕生日から、又は一定の障害がある方は申請し認定を受けた日から受給資格ができます。
 
◆ 令和2年度保険料について
  令和2・3年度の保険料率(均等割額と所得割額)が下記のとおり変更になりました。

年度 令和元年度 令和2年度
均等割額

47,300円

49,800円
所得割率

9.26%

9.78%

○ 保険料は均等割額と所得割額の合計額となります。
 【均等割額】・・・49,800
 【所得割額】= 賦課標準額×所得割率(9.78%
   賦課標準額 = 前年中の総所得金額等の合計額-基礎控除(33万円)
  
   賦課限度額は64万円です。(国の制度改正により、令和元年度の62万円から変更となりました。)


○ 下記の基準に該当する方は、均等割額が軽減されます。
  軽減割合は、後期高齢者医療制度の被保険者全員と世帯主の総所得金額等の合計額により判定します。

対象者の令和2年度の所得要件
(世帯主及び世帯の被保険者全員
の軽減判定所得の合計額)

均等割の軽減
令和元年度 令和2年度 令和3年度
2019年度 2020年度 2021年度
33万円以下 8.5割 7.75割

7割

33万円以下で被保険者全員が年金収入80万円以下
(その他所得がない場合)

8割

7割

33万円+(※28.5万円×世帯の被保険者数)
※元年度の28万円から変更

5割

33万円+(※52万円×世帯の被保険者数)
※元年度の51万円から変更

2割

※ 賦課期日の世帯状況で判定します。
※65歳以上の方は、公的年金所得について最大15万円を控除します。

○ 被用者保険の被扶養者であった方に対する軽減
・ 後期高齢者医療制度に加入する前日に被用者保険の被扶養者であった方は、所得割額の負担はなく、資格取得後2年を経過する月までの間に限り、均等割額が5割軽減されます。
・既に77歳に到達している方は、この軽減は適用されません。
・76歳以下の方は、77歳に到達する前月分まで、この軽減が適用され、77歳になった月分からはこの軽減が適用されなくなります。
なお、世帯の所得に応じて均等割額の軽減が適用される場合があります。
※被用者保険の被保険者とは、協会けんぽ、組合健保、共済組合などの保険に加入していたときに被扶養者
 であった方です。(市町国民健康保険、国民健康保険組合は除く)
 
≪保険料の計算例≫
 ※保険料額に100円未満の端数があるときは、切り捨てとなります。
 
【例1】 (1人世帯:年金収入153万円のみの場合)
 年金収入(153万円)-公的年金等控除(120万円)= 所得(33万円)
 所得(33万円)-公的年金等特別控除(15万円)< 33万円・・・7.75割軽減該当(均等割額)
 均等割額(49,800円)×(1-0.775)≒ 11,200円
 所得割額は(153万円-120万円-33万円=0円)のため賦課されません。
 
【例2】 (1人世帯:年金収入208万円のみの場合)
 年金収入(208万円)-公的年金等控除(120万円)= 所得(88万円)
 所得(88万円)ー公的年金等特別控除(15万円)<33万円+(52万円×1人)・・・2割軽減該当(均等
  割額)
 均等割額= (49,800円)×(1-0.2)=39,840
 所得割額(208万円-120万円-33万円)×9.78% = 53,790円
 合計 39,840円+53,790円 ≒ 93,600円
 
【例3】 (2人世帯:夫の年金収入230万円、妻の年金収入140万円の場合)
 夫の年金収入(230万円)-公的年金等控除(120万円)= 所得(110万円)
 妻の年金収入(140万円)-公的年金等控除(120万円)= 所得(20万円)
 夫の所得(110万円)+妻の所得(20万円)= 合計所得(130万円)
 合計所得(130万円)-公的年金等特別控除(15万円×2人)<33万円+(52万円×2人)・・・2割軽減該当 (均等割額)
 夫の保険料 49,800円×(1-0.2)+(230万円-120万円-33万円)×9.78% ≒115,100円
 妻の保険料 49,800円×(1-0.2) ≒ 39,800円
 
◆ 保険料の納付について
【特別徴収】
・ 原則として、年額18万円以上の年金受給者(※)は年金から天引きされます。ただし、介護保険料と合わせた保険料額が、年金額の2分の1を超える場合は普通徴収となります。

※特別徴収の対象となる年金は優先順位が定められており、複数受給されている方は、優先順位が最も上位
 の年金のみで特別徴収の可否が判定されます。

【普通徴収】
・ 特別徴収の対象とならない方や、その他の事情により特別徴収されない方については、納付書や口座振替により市へ納付していただきます。
・ 新たに被保険者に該当される方で、国民健康保険料を口座振替にされていた場合でも、後期高齢者医療保険料については、改めて口座振替の手続きが必要となりますのでご注意ください。
 
※納付方法の変更について
 ・ 保険料が年金から天引きされている人で、口座振替による納付を希望する場合は、高松市内の金融機関
   などに口座振替依頼書を提出し、その「本人控」を、市役所 国保・高齢者医療課(1階 8番窓口)、
   各総合センター・支所・出張所、市民サービスセンターへ提出し、手続きをして下さい。
 
◆ 病院などにかかるとき
・ 病院などの窓口で後期高齢者医療被保険者証を提示し、一部負担金と食事療養(生活療養)に係る標準負担額を支払ってください。
 
◆ お問い合わせ
・ 香川県後期高齢者医療広域連合(電話:087-811-1866)
・ 又は高松市 国保・高齢者医療課 長寿医療係(電話:087-839-2315)へお問い合わせください。
 
◆ リンク

お問い合わせ

このページは国保・高齢者医療課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎1階

(代表 管理係 国保資格賦課係 収納係 国保給付係)
電話:087-839-2311  ファクス:087-839-2314

(長寿医療係)
 電話:087-839-2315  ファクス:087-839-2314

(保健事業係)
電話:087-839-2371
ファクス:087-839-2190

Eメール:kokuho@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ