このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

高松藩主松平家墓所

更新日:2019年2月26日

史跡

指定区分  国指定史跡

指定年月日 平成31年2月26日

所在地   仏生山町(法然寺)

解説
 高松藩主松平家墓所は、江戸時代、初代松平賴重(よりしげ)以下、幕末に至るまでの歴代藩主を葬った大名家墓所で、仏生山町の法然寺と、さぬき市造田の霊芝寺(れいしじ)の2か所からなる。

 法然寺の墓所は、初代賴重をはじめとして3代賴豊(よりとよ)から8代賴儀(よりのり)までの7人の藩主、正室、一族からなる202基の墓が一体的に営まれたもので、全国でも有数の規模を誇っている。その様相は、初代藩主賴重を頂点とする生前の身分に応じて埋葬位置や墓の規模が明確に区分されるなど、階層関係の表現が顕著に認められる。

 なお、墓所は、法然寺の柵門(さくもん)から入り南北両側の前池(まえいけ)蓮池跡(はすいけあと)との間を西へ向かって一直線に延びた参道の奥の般若台(はんにゃだい)と呼ばれる丘の上に設けられており、これらの境内の空間構成は、初代賴重が帰依(きえ)した浄土信仰における火や水の河に挟まれた白道(びゃくどう)を通り極楽浄土へ至るという「二河白道(にがびゃくどう)」の教えを具現化したものと考えられる。

※2代賴常(よりつね)及び9代賴恕(よりひろ)の墓所は、さぬき市造田の霊芝寺にある。
※10代賴胤(よりたね)の墓所は、東京都の伝通院(でんつういん)にある。
※11代賴聰(よりとし)の墓所は、当初東京の谷中に設けられたが、現在は当墓所に移されている。

案内図

地図のマーカーリスト

お問い合わせ

このページは文化財課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎7階
電話:087-839-2660  ファクス:087-839-2659

(高松市埋蔵文化財センター)
 住所:〒760-0017 高松市番町一丁目5番1号
 電話:087-823-2714  ファクス:087-823-2715 

(高松市歴史資料館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松4階)
 電話:087-861-4520  ファクス:087-837-9114 

(高松市石の民俗資料館)
 住所:〒761-0121 高松市牟礼町牟礼1810番地
 電話:087-845-8484  ファクス:087-845-5693 

(高松市香南歴史民俗郷土館)
 住所:761-1402 高松市香南町由佐253番地1
 電話:087-879-0717  ファクス:087-879-1818 

(高松市讃岐国分寺跡資料館)
 住所:〒769-0102 高松市国分寺町国分2177番地1
 電話:087-874-8840  ファクス:087-874-8840 

(菊池寛記念館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松3階)
 電話:087-861-4502  ファクス:087-837-9114 
 
<文化財課>
電話:087-839-2660
ファクス:087-839-2659

Eメール:bunkazai@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ