このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

よくある質問(特定建築物)

更新日:2018年3月1日


建築物環境衛生管理技術者は、2以上の特定建築物について兼任することができますか?

 管理技術者は、特定建築物ごとに選任し、原則として2以上の特定建築物の管理技術者を兼ねさせてはならないこととされています。
 ただし、一定の場合に兼任を認めることができますので、兼任基準につきましては別紙を参照してください。高松市以外の特定建築物における選任基準については、その特定建築物を所管する保健所などに確認してください。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。特定建築物兼任基準(PDF:68KB)

特定建築物の届出義務者は誰になりますか?

 原則として特定建築物の所有者が届出者となりますが、その特定建築物の全部の管理について権原を有する者があるときは、その者が所有者に代わって届出義務者となることができます。
 特定建築物の全部の管理について権原を有する者とは、特定建築物の全部について民法上の管理行為(保存、利用及び改良行為)をすることができる法律上の地位にある者をいいます。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。特定建築物の維持管理について権原を有する者の解釈等について(PDF:107KB)

建築物衛生法における「登録制度」とは何ですか?

 「登録制度」とは、建築物の維持管理を行う専門業者(ビルメンテナンス業者等)が8つの事業分野ごとに、都道府県知事の登録を受けられる制度です。ただし、登録する際の基準は厚生労働省令で定められており、「人的基準」は、その作業を行うに十分な知識・技術がある監督者などと従事者を資格者として置き、「物的基準」は、その作業を行うために必要な機械・器具を保有することなどの厳しい基準が定められています。
 詳しくは、登録制度を所管する香川県にお問い合わせください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。建築物の清掃を行う事業などの登録を受けるには(香川県ホームページ)(外部サイト)

特定建築物に該当するか否かの判断はどのようにするのですか?

(1)もっぱら特定用途に供される部分(例:店舗の売り場部分、事務所の事務室の部分)
(2)通常(1)の部分と別個の建物にすることはできず、当該部分が(1)のために用いられている部分
  (いわゆる共有部分(例:廊下、階段、洗面所))
(3)(1)の部分と別個の建物にすることはできるが、当該部分が(1)のために用いられており、機能的・社会的実態的に一体をなしている部分(例:百貨店の倉庫の部分、新聞社の印刷工場の部分、事務所付属の駐車場)
(4)(1)の部分と別個の建物にすることができ、かつ、当該用途が(1)のために用いられていない部分(例:独立の診療所の専用部分)

 特定建築物であるための延べ面積の要件は、(1)+(2)+(3)≧3,000平方メートル(学校にあっては、8,000平方メートル)となります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは生活衛生課が担当しています。
〒760-0074 高松市桜町一丁目10番27号高松市保健所1階
電話:087-839-2865
ファクス:087-839-2879

Eメール:seikatsueisei@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ