このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

東ノ丸

更新日:2018年3月1日

現在の県民ホールや県立ミュージアムが所在する部分が東ノ丸です。東ノ丸は外曲輪の魚屋(いおのたな)があった場所に寛文11年(1671年)から堀を開削し、新たに新造された曲輪です。東ノ丸の北半は米蔵丸と呼ばれ、米蔵があった場所であり、南半は作事丸と呼ばれ、現代風に言えば工事現場事務所があった場所と考えられます。
なお、県民ホール建設に伴う発掘調査では、築城以前は墓地があったことが分かっています。

艮(うしとら)櫓台

東ノ丸の北東隅は城の中枢部の北東(艮)の方角にあたります。現在、桜ノ馬場に移築されている艮櫓は、本来この場所にありました。

写真:明治期の艮櫓(公益財団法人松平公益会蔵)

復元された東ノ丸東側石垣

東ノ丸の北東部には石垣が残っており、国史跡に指定されていますが、それに続く東側の石垣が県立ミュージアム建設に伴う発掘調査で確認されました。発掘された石垣の上に、石を積み足して、石垣を復元しています。また、その東側は中堀であったことから水辺を作って堀をイメージできるようになっています。

写真:香川県立ミュージアム前の復元石垣

作事丸

作事丸の発掘調査では、作事舎に伴うと考えられる礎石を検出しています。礎石の大きさは最大のもので長辺90センチメートル×短辺40センチメートルで、上面を平坦に仕上げ、中央部には直径5センチメートル、深さ3センチメートルのホゾ穴が穿たれていました。この礎石のホゾ穴の間隔が約2メートルであることから、1間は6尺5寸(197センチメートル)を基準として建築されたことがうかがえます。

写真:作事丸の発掘風景

西ノ丸へ進む

中堀へ戻る

お問い合わせ

このページは文化財課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎7階
電話:087-839-2660  ファクス:087-839-2659

(高松市埋蔵文化財センター)
 住所:〒760-0017 高松市番町一丁目5番1号
 電話:087-823-2714  ファクス:087-823-2715 

(高松市歴史資料館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松4階)
 電話:087-861-4520  ファクス:087-837-9114 

(高松市石の民俗資料館)
 住所:〒761-0121 高松市牟礼町牟礼1810番地
 電話:087-845-8484  ファクス:087-845-5693 

(高松市香南歴史民俗郷土館)
 住所:761-1402 高松市香南町由佐253番地1
 電話:087-879-0717  ファクス:087-879-1818 

(高松市讃岐国分寺跡資料館)
 住所:〒769-0102 高松市国分寺町国分2177番地1
 電話:087-874-8840  ファクス:087-874-8840 

(菊池寛記念館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松3階)
 電話:087-861-4502  ファクス:087-837-9114 
 
<文化財課>
電話:087-839-2660
ファクス:087-839-2659

Eメール:bunkazai@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ