このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

消防防災課

ここでは防災・救急救助・消防車両に関する事務を担当しています。また様々な統計や救急救助、都市開発に関する書式のダウンロードについてご紹介させていただきます。

お知らせ「今後の応急手当普及啓発活動について」

 応急手当普及啓発活動については、現在平日の日中のみ講習を実施しておりますが(定期普通救命講習は除く。)、今後、香川県の感染対策期のレベルが4以上になった場合は、中止とさせていただきます。
 なお引き続き感染防止対策として、以下の条件のもと実施させていただきますので、ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力を賜りますようお願い致します。

(基本方針)三密状態を作らない。
1.換気が十分にできる場所(2か所以上の窓や出入り口が対面にあるなど)
2.人と人の間隔が十分にとれる広さが保てる場所
3.当日、感冒様症状(発熱、咳、倦怠感等)がある場合は参加を控えていただきます。
4.講習当日より2週間以内に流行地域に滞在歴のある方は参加を控えていただきます。
5.参加者全員マスクを着用していただきます。
6.消毒薬を準備していただきます。
7.普通救命講習の場合、原則e-ラーニングを事前に受講していただきます。
8.受講者1人に心肺蘇生訓練用人形1体、AEDトレーナー1台で実施します。
9.人工呼吸は展示のみで受講者は実施しません。
10.1回の受講者は10名から20名程度までとします。
11.流行の状況によっては、中止する場合があります。

市民の皆様による自主学習が可能な場合は、心肺蘇生訓練用資器材(人形、AEDトレーナー、DVDなど)の貸し出しで対応させていただくことも提案します。

問い合わせ先
消防防災課(救急救助係)電話:087-861-1550・メールbousai_119@city.takamatsu.lg.jp

各種救急講習等の申請書・記入例・講習内容説明・WEB講習・講習用リーフレット等は下記をご覧下さい。

定期普通救命講習について

 令和3年4月以降の定期普通救命講習については、第2金曜日開催の講習のみ再開いたします。第3日曜日開催の講習については、会場確保の都合上、中止とさせていただきます。ただし、香川県の感染対策期のレベルが3(感染警戒期)以上になった場合は、中止とさせていただきます。
詳細は下記の「定期普通救命講習会開催のお知らせ」をご参照ください。

問い合わせ先:消防防災課(救急救助係)087-861-1550


老人施設運営スタッフの皆様へ「救急隊員への情報提供シート」の活用について

指揮係

指揮隊についての紹介をしています。

防災係

消防水利状況の紹介をしています。

都市開発関係について

  • 都市開発法第32条に規定する公共施設の協議事項、事務手続きの紹介です。

開発面積が1000平方メートルを超える開発行為は、消防水利のについての協議を行う必要があります。防火水槽や消火栓を設置する必要性が生じることから、防災係(861-1550)までご連絡下さい。(防火水槽の設置などは、消防車両が接近できるように設置する必要があります。)

都市開発にともなう防火水槽・消火栓設置事務要領について

(1)防火水槽や消火栓の設置が決定すれば工事着工前に「消防水利設置届出書」を2部提出して下さい。防火水槽については「水利標識図」を添付して下さい。と特に防火水槽蓋については、消防局から指示がありますのでご注意下さい。

(2)本体を設置する前後に「中間検査」を実施します。設置予定日が決まれば防災係(861-1550)までご連絡下さい。

(3)中間検査時に説明しますが、防火水槽なら水張りをして7日間、毎日、減水調査をして下さい。その結果表を完工届に添付します。その後、埋め戻して標識を建植したら「消防水利(消火栓)完工届」を2部提出して下さい。

事務要領について

消防水利の変更、撤去等は下記の書類を提出して下さい。

救急救助係

救急救助に関する紹介をしています。

救急現場に消防隊も出場します(PA連携)

「まちかど救急ステーション」とは?

救急車の適正利用について考えてみませんか

救急コミュニケーションボードについて(外国人用)

高松市消防局認定「患者等搬送事業」について

上級救命講習

9月9日は「救急の日」

救急車の適正な利用をお願いします。

応急手当普及員講習

高松市応急手当普及啓発活動実施要綱

事故を防ぐために

日常生活におけるケガの予防

高松市消防局では、急病やケガによる救急搬送が多く発生しています。
平成28年救急事故発生状況から、乳幼児(0~6歳まで)及び高齢者(65歳以上)のケガは、住宅で起こる傾向が見られました。
実際に起こっている事故は、転倒・転落、誤飲・誤嚥、やけどや溺水など様々です。
普段の暮らしの中で、少しの工夫で防げるものがあります。身近なところから事故防止に取り組みましょう。

装備係

請求書・請求内訳書

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ