このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

そのときどうする?

更新日:2018年3月1日

地震が発生したとき、被害を最小限に抑えるには、一人一人が慌てずに適切な行動をとることが重要です。そのためには、日頃から地震の際の正しい心構えを身につけておくことが大切です。

屋内にいたら

まずは身を守る

  • 頭を布団などで守り、倒れやすい家具から離れましょう。
  • 大きな揺れの場合はテーブルの下へ。
  • お風呂、トイレは比較的安全な場所です。慌てて飛び出さず、ドアなどを開けて出口を確保しましょう。ただし、タイルやガラスの破片には注意を。

あわてずに火の始末

  • みんなで声をかけあい、すばやく火の始末。
  • ストーブや台所の調理器具には特に注意を。
  • ガス栓、ブレーカーを切る。
  • アイロンやたばこの火にも注意。
  • 万が一火がでたら、隣近所にも助けをもとめて初期消火。ただし決して無理はしない。

外にいたとき

オフィスにいたら

  • ガラスの飛散やロッカー、OA機器の転倒に注意しましょう。

エレベーターに乗っていたら

  • 各階のボタンを押し、停止した階で降りましょう。もし閉じ込められ場合は非常ボタンを押し続け、非常用電話で救助を求めましょう。

電車等に乗っていたら

  • 急停車に注意し、行動は乗務員の指示に従いましょう。

車を運転していたら

  • 急ブレーキは事故の原因になります。ゆっくり減速して、道路左側若しくは空き地に停車してエンジジンを切りましょう。車を離れる場合は、窓を閉めキーはつけたままで。

デパート、スーパーにいたら

  • 大勢の人が集まる場所では、あわてて出入り口に殺到すると、パニックになることがあり危険です。従業員の誘導に従いましょう。

海にいたら

  • 強い揺れ又は、弱い揺れでも長時間揺れを感じたときは、できるだけ早く高いところへ避難しましょう。また、津波は第一波より第二波以降のほうが大きいこともあります。警報・注意報が解除されるまで海岸には近づかないようしましょう。

お問い合わせ

このページは危機管理課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号防災合同庁舎3階
電話:087-839-2184
ファクス:087-839-2210

Eメール:bousai@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ