このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

「交通バリアフリーについて」

更新日:2018年3月1日

交通バリアフリー基本構想について

 高齢者、身体障がい者を含む全ての人が安全かつ快適に移動できるよう、平成12年11月に施行された交通バリアフリー法に基づき、1日の平均利用者数が5,000人以上であるJR高松駅、琴電高松築港・片原町・瓦町駅の4駅を中心とした徒歩圏内を「重点整備地区」に位置付け、駅施設、歩行空間、駅前広場、信号機等のバリアフリー化を重点的・一体的に推進するための方針や実施する事業等を内容とする「高松市交通バリアフリー基本構想」を平成15年3月に策定しました。

           高松市交通バリアフリー基本構想の概要
特定旅客施設

JR高松駅 26,128人(1日平均利用者数 平成19年度実績)
琴電高松築港駅 10,764人(同上)
琴電片原町駅 5,051人(同上)
琴電瓦町駅 12,904人(同上)

重点整備地区 上記4駅を中心とした徒歩圏内の280haの地区
特定経路 バリアフリー化を実施する歩行空間 約15キロメートル
基本理念 人にやさしく、楽しく、安全で快適に生活できる高松づくり
整備目標年次 平成22年度
特定事業等の概要 1)公共交通特定事業
 ・ICカードの導入(高松琴平電気鉄道株式会社)
 ・階段の改良(同上)
 ・点字案内板の設置・充実(同上)
 ・トイレ設備の改善(同上)
 ・ノンステップバスの導入(バス事業者)
2)道路特定事業
 ・視覚障がい者誘導ブロックの敷設
 ・歩道幅員の拡幅
 ・歩道の段差、勾配、傾斜の改善
 ・電線類地中化
3)交通安全特定事業
 ・音響式信号機等の設置
 ・違法駐車・駐輪の指導、取締りの強化
4)その他事業
 ・休憩施設の設置
 ・商品や看板の歩道上へのはみ出し解消のための指導強化
 ・情報案内板の設置
5)準特定経路における移動円滑化の事業
 ・立体横断施設へのエレベーターなどの設置 など

交通バリアフリー特定事業計画について

 高松市交通バリアフリー基本構想に定めた重点整備地区内の特定経路における歩行空間のバリアフリー化を実現するため、平成16年3月に、バリアフリー化の具体的内容を示した道路管理者が実施する「高松市交通バリアフリー道路特定事業計画」を策定するとともに、公安委員会が実施する「高松市における交通安全特定事業計画」が策定されました。
 今後は、これらの計画に基づき、平成22年度を目途に、重点整備地区内の特定経路のバリアフリー化を進めて行くとともに、計画外の路線についても、可能な限りバリアフリー化へ対応させるなど、より良い環境整備を進めていきます。

鉄道駅施設のバリアフリー化について

 高齢者、身体障がい者等が円滑かつ安全に鉄道駅施設を利用できるようにするため、ホームスロープ、視覚障がい者誘導ブロック、手すり等の設置に要する経費の一部について、県とともに公共交通事業者に対し、補助金の交付を行っています。
 補助金の額は、事業費の3分の2を公共交通事業者に交付し、交付額の2分の1(事業費の3分の1)を県から受け入れています。

             鉄道駅施設バリアフリー化状況
年度 駅名 補助額(円)
平成16年度 琴電三条駅
琴電高田駅
5,255,000円
平成17年度 琴電円座駅
琴電元山駅
4,978,000円
平成18年度 琴電大町駅 8,804,000円
平成19年度 琴電太田駅
琴電古高松駅
9,000,000円

お問い合わせ

このページは都市計画課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎9階
電話:087-839-2455
ファクス:087-839-2452

Eメール:toshikei@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ