このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

高松市不育症検査費用助成事業

更新日:2021年10月1日

不育症検査費用助成事業について

 不育症に悩む方の経済的負担の軽減を図るため、研究段階にある不育症検査のうち、保険適用を見据え先進医療として実施されるものを対象に、検査費用の一部を助成します。
~令和3年4月1日以降に実施した検査から助成を開始します~

助成の対象となる検査

令和3年4月1日以降に実施した、先進医療として告示されている不育症検査
● 流産検体を用いた染色体検査
※ 当該検査を実施する医療機関として、国で承認されている保険医療機関で実施されたものに限ります。
対象となる医療機関の最新情報は、厚生労働省ホームページ(↓下記リンク)の、「先進医療を実施している医療機関の一覧」【先進医療A】「25流産検体を用いた染色体検査」をご確認ください。

助成対象者

次の要件をすべて満たす方
(1) 申請日時点で、高松市に住所があること
(2) 2回以上の流産、死産の既往があること
(3) 市税を完納していること
※所得制限、年齢制限はありません。

助成額

検査1回につき5万円まで
(検査費用が5万円に満たない場合は、医療機関が作成した「不育症検査費用助成検査受検証明書(様式第2号)」に記載された金額(「領収金額」欄の額)となります。)
※回数制限はありません。

申請期限

検査終了日の属する年度の年度末(3月31日)までに申請してください。
(3月中に検査が終了する場合は、申請期限について市担当までお問い合わせください。)

申請方法

次の書類をそろえて、高松市健康づくり推進課に提出してください。
(1) 不育症検査費用助成金交付申請書(様式第1号)
(2) 不育症検査費用助成検査受検証明書(様式第2号) →医療機関が記入
(3) 不育症検査結果個票(様式第3号) →医療機関が記入
(4) 医療機関が発行した領収書 及び 診療明細書等の診療内容の分かる書類 (いずれも原本
※(1)(2)(3)の様式は下記からダウンロードできます。

申請書類ダウンロード

リンク

1 不妊症や不育症の相談や情報について

 血栓症塞栓症の治療及び予防のために用いるヘパリンカルシウム製剤の在宅自己注射が、平成24年1月1日から保険適応となりました。
 詳しくは、「厚生労働省研究班 フイク‐ラボ」をご覧ください。

2 香川県不育症治療費助成制度について

香川県で、不育症の治療に要する費用の一部を助成しています。
助成の対象となる方は、香川県内に住所を有し、医師に不育症治療のため「ヘパリン療法」が必要と診断された方です。(年齢、所得の制限はありません。)
詳細は香川県ホームページ(↓下記リンク)をご参照ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは健康づくり推進課が担当しています。
〒760-0074 高松市桜町一丁目9番12号保健センタ-1階
電話:087-839-2363
ファクス:087-839-2367

Eメール:hokencen@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ