このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

高松市下水道の変遷

更新日:2018年4月1日

 高松市の下水道は昭和7年6月、基本計画の認可を内務省に申請、翌昭和8年2月築造認可を得ました。

 工事は、直営を原則として着工しましたが、戦時体制へと移行するなかで、資材の入手が次第に困難となり、工事は縮小を余儀なくされました。

 昭和20年7月空襲をうけ市街地は灰塵に帰し、下水道建設は中断、既設下水道の維持管理がやっとの状態でした。

 復興の槌音のもと、都市計画と併行して新生高松の礎となる「下水道-終末処理場」という近代的下水道のマスタープランをいちはやく作成し昭和30年11月第1期拡張事業認可(市中心部882.8ヘクタール)を得て事業に再着手、現在、この区域はほぼ完了しました。

 また、周辺地域では市街化が進展し、下水道整備が急務となりました。このため、昭和49年5月に市街化区域全域(4,450ヘクタール)を対象とした下水道の都市計画決定を行い、昭和50年12月に第2期拡張事業認可(2,514ヘクタール)を得て東部処理区の下水道事業に着手しました。

 さらに、昭和54年8月に香川県による「高松地区水域流域別下水道整備総合計画」が策定され、これをうけ下水道事業の変更を行うなど、数次にわたり認可区域の拡大等の変更を行い、中部・東部処理区の下水道整備を推進してきました。

 また、平成4年に、県の香東川流域下水道が事業認可を取得したことに伴い、平成5年に西部処理区(899ヘクタール)の事業認可を得て、下水道事業に着手しました。

 平成13年8月には、香東川流域下水道・香東川浄化センターが運転開始され、このことを受け、本市の福岡下水処理場の処理機能を停止(中部処理区を東部処理区に統合)しました。

 平成16年度には、西部処理区の未整備地区(581.4ヘクタール)について事業認可を取得し、平成17年度から下水道事業に着手しました。

 平成17年9月26日に、塩江町と合併しました。 また、平成18年1月10日に、牟礼町、庵治町、香川町、香南町、国分寺町と合併し、旧町における下水道事業を引き継ぎ、積極的にその整備を進めているところです。

 また、この市町合併により、県の管理する流域下水道から、高松市の管理する公共下水道となったため、平成28年4月には、県から香東川流域下水道・香東川浄化センターの移管を受け、高松西部、塩江町、香川町、香南町及び国分寺町の汚水処理を行っています。

 平成29年度末における行政区域内人口は426,465人、処理区域内人口は270,431人、普及率は63.4%となっております。


担当係 企画総務係 (電話:087-839-2765)

お問い合わせ

このページは下水道経営課が担当しています。
(企画総務係、経理財産係)
電話:087-839-2765

(生活排水係)
電話:087-839-2720

<下水道経営課>
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号防災合同庁舎2階
電話:087-839-2765
ファクス:087-839-2776

Eメール:gesuikeiei@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ