このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
ようこそ! きっずの森へ
サイトメニューここまで

本文ここから

令和2年4月・5月のおすすめ

更新日:2020年6月1日

2か(げつ)に1(かい)おすすめの(ほん)紹介(しょうかい)しているよ!図書館(としょかん)()ってみよう!

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。中央図書館(外部サイト) 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。牟礼図書館(外部サイト) 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。香川図書館(外部サイト) 

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国分寺図書館(外部サイト) 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。瓦町サテライト(外部サイト) 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。夢みらい図書館(外部サイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。移動図書館ララ号(外部サイト)

高松市中央(たかまつしちゅうおう)図書館が、2か月ごとに色々(いろいろ)な本を紹介しています。
国分寺(こくぶんじ)図書館、香川(かがわ)図書館、牟礼(むれ)図書館、(ゆめ)みらい図書館もそれぞれ本の紹介リーフレットを作成(さくせい)して紹介しています!

図書館での行事(ぎょうじ)は、イベントの(もり)へ → イベントの森

いままでに紹介したおすすめの本はここからみれるよ!

2020年4月・5月のおすすめ「ひとりでだいじょうぶ!」

書名
著者
出版社等

内容

『この(うみ)()えれば、わたしは』
作:ローレン・ウォーク
訳:中井 はるの、中井川 玲子
出版社:さ・え・ら書房

()まれてすぐに小舟(こぶね)にのせられ、(ちい)さな(しま)
(なが)()いた(おんな)()クロウ
12(さい)になったとき、自分(じぶん)がどこで()まれ、どうして
(うみ)(なが)されたのか()りたくてたまらなくなり、
それを調(しら)べはじめます
かつてある療養所(りょうようしょ)があったペニキース諸島(しょとう)史実(しじつ)
()りまぜた物語(ものがたり)

『ラチとらいおん』
ぶん、え:マレーク・ベロニカ
やく:とくなが やすもと
出版社:福音館書店

ラチは、とってもよわむしなおとこのこ
いぬも、くらいへやもともだちもこわくて、
ないています
あるひ ちいさなあかい らいおんがあらわれ、
いっしょにいるうちに ラチもつよくなって
いきます!


『おさらを あらわなかった おじさん』
文:フィリス・クラジラフスキー
絵:バーバラ・クーニー
訳:光吉 夏弥
出版社:岩波書店

ひとりでくらしているおじさん
あるばん、とてもくたびれていたので、
おさらをあらうのを つぎの()へのばします
しかし、()がたつうちにますます くたびれて…
さいごにおじさんがとった方法(ほうほう)とは?

『どろんこ こぶた
作:アーノルド・ローベル
訳:岸田 衿子
出版社:文化出版局

こぶたはどろんこあそびがだーいすき
でもあるひ、かいぬしのおくさんに
きれいにされてしまい、おこっていえでを
します
いごごちのよいどろをさがし、まちへいくと
たいへんなことに……!


大森林(だいしんりん)少年(しょうねん)
作:キャスリン・ラスキー
絵:ケビン・ホークス
訳:灰島 かり
出版社:あすなろ書房

10(さい)少年(しょうねん)マーベンは、感染症(かんせんしょう)流行(りゅうこう)
する(まち)から、()(まも)るために家族(かぞく)とわかれ、
(とお)(きた)()てへ()くことに
不安(ふあん)ながらもマーベンは、木材所(もくざいしょ)会計係(かいけいがかり)
として(やく)()ち、大人(おとな)(おとこ)たちとの友情(ゆうじょう)
めばえ、(わす)れられない(とき)となります

『すえっ()のルーファス』
作:エレナー・エスティス
訳:渡辺 茂男
出版社:岩波書店

(ほん)()みたいルーファスですが、図書館(としょかん)
()こうとさそっても、きょうだいは自分(じぶん)
(ほん)にむちゅうで相手(あいて)にしてくれません
ルーファスは一人(ひとり)図書館(としょかん)()きますが
()がよごれている」「()まえが()けない」
と、いちなんさってまたいちなん
ルーファスは(ほん)をかりられるでしょうか

『ドレスを()男子(だんし)
作:デイヴィッド・ウォリアムズ
画:クェンティン・ブレイク
訳:鹿田 昌美
出版社:福音館書店

12(さい)のデニスは学校(がっこう)でサッカーが一番(いちばん)
うまい(おとこ)()
しかし(かあ)さんが(いえ)()ていってから、
さみしくてたまりません
ある()、ファッション()()てから、
きらきらしたドレスに夢中(むちゅう)になりますが…
()きなものを()えない気持(きも)ち、(だれ)にでも
あるのでは?

『ジェーンとキツネとわたし
絵:イザベル・アルスノー
文:ファニー・ブリット
訳:河野 万里子
出版社:西村書店

エレーヌは近頃(ちかごろ)、いつも一人(ひとり)
トイレのドアには悪口(わるくち)をかかれるし、自分(じぶん)
(ふと)っていてソーセージのようだと(おも)っている
でも「ジェーン・エア」を()んでいるときは夢中(むちゅう)
になれる…
名作(めいさく)をモチーフにし、一人(ひとり)気持(きも)ちをイラストで
繊細(せんさい)(えが)いた作品(さくひん)
カナダ総督文学賞受賞(そうこくぶんがくしょうじゅしょう)
小学校高学年(しょうがっこうこうがくねん)からYAのみんなへ

不登校(ふとうこう)でも大丈夫(だいじょうぶ)
著:末富 晶
出版社:岩波書店

小学校(しょうがっこう)3年生(ねんせい)(とき)に、学校(がっこう)()くのをやめ、
以後(いご)7年間(ねんかん)学校(がっこう)()かなかった著者(ちょしゃ)
学校(がっこう)(くる)しくていかなかったとしても、大丈夫(だいじょうぶ)
学校(がっこう)(そと)での、出会(であ)いや(おし)え、チャンスもあり、
いろんな(そだ)(かた)があっていいじゃないと、おし
えてくれる一冊(いっさつ)です

『15(さい)寺子屋(てらこや) ひとり』
著:吉本 隆明
出版社:講談社

相手(あいて)にうまく(つた)わらない、もやもやした気持(きも)ちに
こそ自分(じぶん)(ふか)()るための()がかりがある
そのためには自分(じぶん)(おも)いを「()言葉(ことば)」にして
みるといい、と吉本(よしもと)さんは()います
4(にん)の15(さい)たちの質問(しつもん)に、(ほん)作家(さっか)(はなし)
(れい)()げながら、率直(そっちょく)(こた)えてくれています

お問い合わせ

このページは生涯学習課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎10階
電話:087-839-2633
ファクス:087-839-2624

Eメール:syakyo01@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ