このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
ようこそ! きっずの森へ
サイトメニューここまで

本文ここから

令和2年2月・3月のおすすめ

更新日:2020年3月3日

2か(げつ)に1(かい)おすすめの(ほん)紹介(しょうかい)しているよ!図書館(としょかん)()ってみよう!

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。中央図書館(外部サイト) 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。牟礼図書館(外部サイト) 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。香川図書館(外部サイト) 

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国分寺図書館(外部サイト) 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。瓦町サテライト(外部サイト) 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。夢みらい図書館(外部サイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。移動図書館ララ号(外部サイト)

高松市中央(たかまつしちゅうおう)図書館が、2か月ごとに色々(いろいろ)な本を紹介しています。
国分寺(こくぶんじ)図書館、香川(かがわ)図書館、牟礼(むれ)図書館、(ゆめ)みらい図書館もそれぞれ本の紹介リーフレットを作成(さくせい)して紹介しています!

図書館での行事(ぎょうじ)は、イベントの(もり)へ → イベントの森

いままでに紹介したおすすめの本はここからみれるよ!

2020年2月・3月のおすすめ「王さま・女王さま いろいろみんな♪」

書名
著者
出版社等

内容

『ブルガリアのむかしばなし
(きん)(とり)
文:八百板 洋子
絵:さかた きよこ
出版社:BL出版

(おう)さまにうつくしい(きん)(とり)をつかまえて
くるように(めい)じられた三人(さんにん)王子(おうじ)
はたして王子(おうじ)たちはふしぎな(きん)(とり)
つかまえ(くに)(かえ)れるでしょうか
東西文化(とうざいぶんか)のまじりあうブルガリアで、
(かた)()がれた昔話(むかしばなし)が、やわらかくあざやか
()でよみがえります

『ひなげしのおうじ』
作:エリザベス・イワノフスキー
訳:ふしみ みさを
出版社:岩波書店

ひなげしのおうじがさんぽにでかけると、
ひばりのおかあさんやマルナハバチさん…
いろんなひとに出会(であ)います
つぎつぎとおこるできごとがかわいい()
テンポのいいことばで(かた)られます
1944(ねん)ベルギーで(つく)られた絵本(えほん)です


『うさこちゃんは じょおうさま』
ぶん・え:ディック・ブルーナ
やく:まつおか きょうこ
出版社:福音館書店

あるひ、うさこちゃんはゆめのなかで
じょおうさまになります
みんなに、わけへだてなく、やさしいうさこ
ちゃんは、みんなにあいされるじょおうさまです
うさこちゃんの、じょおうさまぶりがとっても
すてき

『グリム童話(どうわ) ねむりひめ』
え:フェリクス ホフマン
やく:せた ていじ
出版社:福音館書店

()ちのぞまれ()まれたおひめさま
しかし、ある(のろ)いをかけられ15さいになると
「つむ」にさされ、お(しろ)ごとねむりの世界(せかい)
やがて100(ねん)がたち、ある王子(おうじ)がいばらに
つつまれたそのお(しろ)へと()()ります…
ホフマンの()(しず)かで(うつく)しい一冊(いっさつ)


『ねこのくにのおきゃくさま』
さく:シビル・ウェッタシンハ
やく:まつおか きょうこ
出版社:福音館書店

まじめに、はたらくことしかしらない
ねこのくにに、みたことのないふねが
()きます
おりてきたのは、かわった二人(ふたり)のおきゃく
いつもお(めん)をつけてたいこをたたき、
ねこのくにに、おんがくとおどりをつたえます
ねこたちは、そのおんがくとおどりにたのしみを
おぼえ、(おう)さまもお(れい)にうたげをひらきます
(めん)をつけたおきゃくはだれでしょう

『ねこと(おう)さま』
作・絵:ニック・シャラット
訳:市田 泉
出版社:徳間書店

いまから(すこ)しむかし、お(しろ)でくらしていた
(おう)さまが、ドラゴンにお(しろ)をもやされ、(まち)
くらすことに
なかよしのねこと、(ちい)さな(いえ)にくらす(おう)さま
かしこいねことくらすうち、なにもできなかった
(おう)さまも、いろんなことができるようになっていきます
ちょっとおかしくて、あったかいおはなし

『ねことテルと王女(おうじょ)さま』
さく:クライド・ロバート・ブラ
え:レナード・ワイスガード
やく:あんどう のりこ
出版社:長崎出版

()こりのなやで()まれた一匹(いっぴき)のねこ
ある()、わらを()んだ荷車(にぐるま)にもぐりこみ、
宮殿(きゅうでん)のある(まち)にたどりつき、()かきのテルに
出会(であ)います
(やす)らかにくらすのも、つかのま
あやしげな(おこと)につかまってしまい、ついた
(さき)宮殿(きゅうでん)
そこで王女(おうじょ)さまにたすけられますが…

()えた王子(おうじ)(じょう)()
作:フランシス・ホジソン・バーネット
訳:中村 妙子
出版社:岩波書店

12(さい)(おこと)()マルコは、父親(ちちおや)とその従者(じゅうしゃ)
3人で各地(かくち)転々(てんてん)とする生活(せいかつ)(おく)
3人の故国(ここく)サマヴィアにいつか(かえ)ることを(ゆめ)
()ながら、尊敬(そんけい)する父親(ちちおや)にはなにか(おお)きな秘密(ひみつ)
任務(にんむ)があるようです
壮大(そうだい)でスリリングな出来事(できごと)(すえ)(おも)いもよらない
真実(しんじつ)(あき)らかに!

天皇制(てんのうせい)ってなんだろう?
あなたと(かんが)えたい民主主義(みんしゅしゅぎ)から
みた天皇制(てんのうせい)
著:宇都宮 健児
出版社:平凡社

(あたら)しい天皇(てんのう)時代(じだい)となり、天皇(てんのう)皇室(こうしつ)って
(なに)かな?と(かんが)えるひともいたのでは
(むずか)しそうなこのテーマを、歴史(れきし)をさかのぼり、
天皇(てんのう)とそのまわりの人々(ひとびと)、その時代(じだい)状況(じょうきょう)を、
筆者(ひっしゃ)会話(かいわ)するように()っていく一冊(いっさつ)
日本(にほん)民主主義(みんしゅしゅぎ)とは、自分(じぶん)がこれからできる
こととは、と(かんが)えるきっかけになるかも
しれません

王様(おうさま)でたどるイギリス()
著:池上 俊一
出版社:岩波書店

現在(げんざい)のエリザベス2(せい)女王(じょおう)のご先祖(せんぞ)は、
11世紀(せいき)にフランスからやってきた征服王(せいふくおう)
ウィリアム
イギリスの歴史(れきし)は、人間味(にんげんみ)あふれる個性的(こせいてき)
王様(おうさま)女王様(じょおうさま)たちに(いろど)られています
「イギリスってどんな(くに)?」を王様(おうさま)歴史(れきし)
たずねる(ほん)です

お問い合わせ

このページは生涯学習課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎10階
電話:087-839-2633
ファクス:087-839-2624

Eメール:syakyo01@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ