このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

令和3年度高松市公文書館親子見学ツアー「公文書館のひみつ🎵み~っけ!!」を開催しました。

更新日:2021年9月6日

令和3年度高松市公文書館親子見学ツアー「公文書館のひみつ🎵み~っけ!!」を開催しました。

 令和3年8月2日から8月6日の5日間にわたり、高松市公文書館親子見学ツアーを実施し、小学生とその御家族7組17人に参加いただきました。
 「公文書館」はどんなところか、どのようなことをしているのかを知っていただくため、職員による説明、館内ツアー等、半日間盛りだくさんなメニューを楽しんでいただきました。
 館内ツアーでは、まず、作業室を御案内し、文書を「保存できる状態」にする作業について職員が説明し、文書に入り込んでいる虫を取り除くために凍らせた簿冊に実際に触れてもらい、冷たさを体感していただきました。また、集塵機を使ったクリーニング体験をしていただきました。次に、貴重書庫に移動し、文書を保存しているオキカエケースの中を実際に見ていただいたり、可動式書架を実際に可動していただいたりして、作業室で長期保存のための対策を行った文書を「保管」している様子を見ていただきました。
 現在開催中の企画展の案内では、子どもたちにとって身近な「小学校」に関する資料や、夏休みの自由研究のお役に立てるような「国分寺いん石」に関する資料、鬼の伝説の残る「鬼ヶ島(女木島・男木島)」に関する資料を中心に、公文書館開館以来、収集してきた高松市の歴史的価値のある資料について職員が説明しました。
 今年度の見学ツアーでは各見学ポイントで公文書館と企画展にまつわるクイズを御用意しました。クイズに答えていただき、公文書館のひみつ♪を楽しみながら発見していただきました。
 全ての案内後、クイズの答え合わせをし、館長からメダルの贈呈がありました。たくさんのひみつを発見していただき、みなさん公文書館マイスターに☆帰り際には、手作りのプレゼントをお渡ししたり、フォトスポットで写真撮影を楽しんでいただく等、参加していただいた方に大変好評な公文書館見学ツアーになりました。


文書を保存するための作業についてお話中😊


文書を凍らせる冷凍庫はなんとマイナス33℃!!手を入れると・・・冷た~い!!!!


集塵機を使って文書をクリーニング✨ハケで一枚一枚丁寧におそうじしてくれました♡


貴重書庫内には、文書を守るためのひみつがい~っぱい♪公文書のひみつ、み~っけっっ✎📓


企画展について解説中。難しそうな公文書も、ゆっくり見ると・・・なるほど~♪


親子で企画展クイズに挑戦😊😊力を合わせて全問正解へ~


参加してくれた皆さんにピカピカのメダルをプレゼント🥇


飾りいっぱいのフォトスポットで夏休みの思い出📷✨パチリ。


御参加ありがとうございました<(_ _)>また遊びに来てね~

お問い合わせ

このページは総務課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎3階
電話:087-839-2181
ファクス:087-839-2190

Eメール:soumu2181@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ