このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

下水道施設課の仕事

1. ポンプ場の新設・改築・維持管理

 ポンプ場には、汚水を下水処理場に送水するための「汚水中継ポンプ場」と、大雨時に雨水を川や海へ排水し、まちが浸水するのを防ぐための「雨水ポンプ場」があります。これらの施設を設置・改築したり、正常に機能させるために、適切な運転・維持管理を行っています。また、塩江町内場地区農業集落排水のマンホールポンプの管理も行っています。
 下水道施設課が管理する主なポンプ場については、下のリンクをご覧ください。

新規ウインドウで開きます。主なポンプ場一覧

2. 下水処理場の改築・維持管理

 下水処理場では、昼夜を問わず休みなく下水を処理しています。水量や水質が常に変動する下水を適正に処理するために、設備の改築や適切な運転・維持管理と水質の監視を行っています。また、農業集落排水の処理施設の管理も行っています。
 各処理施設の概要及び流入と放流の水質については、下のリンクをご覧ください。

3. 再生水の供給

 東部下水処理場と牟礼浄化苑では、資源の有効利用を図るために、水洗便所用水、防火用水などとして、再生水を供給しています。
 東部下水処理場(写真)では、下水処理水に生物膜ろ過、オゾン酸化及び塩素消毒の高度処理を行い、再生水を造っています。

再生水利用下水道事業の概要

4. 再生水(砂ろ過水)の提供

 下水処理水を砂ろ過した再生水(砂ろ過水)を、東部下水処理場、牟礼浄化苑及び香東川浄化センターにて無料提供しています。
 樹木の散水などにご利用いただけます。

 利用の仕方、取水場所等については、下のリンクをご覧ください。

新規ウインドウで開きます。再生水(砂ろ過水)のご利用について

5. 事業場の立入検査・指導

 工場・事業場からの排水には、下水道施設の機能を妨げたり、損傷するおそれのあるものが含まれているため、下水道法及び高松市下水道条例により、下水排除基準が規定されています。
 また、下水道施設の保全及び放流水の水質を適正に保つため、工場・事業場への立入検査を行っています。

新規ウインドウで開きます。高松市の下水排除基準

6. 施設の有効利用

 東部下水処理場や香東川浄化センター場内には多種多様な樹木を植えており、緑豊かな環境を整備しています。市民の皆さまが四季折々の自然を楽しめる、憩いの場としてご利用いただけます。

7. バイオマス発電設備及び太陽光発電設備

 東部下水処理場では、下水の処理過程で発生するメタンを主成分とする消化ガスを使って発電を行うと同時に、消化槽の加温を行っています。消化槽を加温することにより、効率よく汚泥を発酵し、消化ガスを発生させることができます。また、発電した電気は、電力会社に販売し、その収入を下水道事業の維持管理費にあてています。

 発電開始年月    : 平成28年2月
 バイオマス発電出力 : 500キロワット
 予定年間発電量   : 約161万キロワット


 太陽光発電とは、太陽光を電気に変換する発電方法です。東部下水処理場管理棟の屋上スペースに太陽光パネルを設置しているほか、蓄電池も備えています。常時は執務室の照明等に使用し、災害時には防災拠点の予備電源として使用することができます。

 発電開始年月  : 平成28年3月
 太陽光発電出力 : 100キロワット
 予定年間発電量 : 約10万キロワット



お問い合わせ

このページは下水道施設課が担当しています。
〒761-8012 高松市香西本町762香東川浄化センタ-・管理棟1階
電話:087-842-5421
ファクス:087-842-5423

Eメール:gesuisisetsu@city.takamatsu.lg.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ