このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

窓口での自己負担額(後期高齢者医療)

更新日:2018年6月25日

◆自己負担割合

 医療機関等の窓口で支払う医療費の自己負担割合は、1割又は3割です。医療を受ける際に、被保険者証を窓口に提示し、被保険者証に表示されている割合の負担額をお支払いください。

自己負担割合 所得区分
1割 一般、区分Ⅱ、区分Ⅰ 同じ世帯の後期高齢者医療制度の被保険者全員が、住民税課税所得145万円未満の場合
3割(※) 現役並み所得者 同じ世帯に、住民税課税所得145万円以上の後期高齢者医療制度の被保険者がいる場合


※ ただし、住民税課税所得が145万円以上であっても、次のいずれかに該当する方は、「基準収入額適用申請」により認められたとき、申請した月の翌月から1割負担となります。

◎同じ世帯に後期高齢者医療制度の被保険者が1人のみの場合
 (1)収入額が383万円未満
 (2)収入額が383万円以上でも、同じ世帯の中に70歳から74歳までの方がいる場合で、その方と後期
    高齢者医療制度の被保険者の収入合計額が520万円未満
◎同じ世帯に後期高齢者医療制度の被保険者が2人以上いる場合
  後期高齢者医療制度の被保険者全員の収入合計額が520万円未満
 
◆自己負担額

・ 実際にかかった医療費の1割(現役並み所得者は3割)の一部負担金を支払っていただきます。

・ ただし、同一の医療機関での一月の負担額が次の額に達したときは、その月はこれを超える窓口での支払いは不要です。(区分Ⅱや区分Ⅰの限度額の適用を受けるには、前もって「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けておく必要があります。また、平成30年8月以降に現役並みⅡや現役並みⅠの限度額の適用を受けるには、前もって「限度額適用認定証」の交付を受けておく必要があります。

※国の制度改正により、平成30年8月から、自己負担限度額が下表のように変わります。

●平成29年8月から平成30年7月まで

区分 自己負担限度額(月額)
外来(個人単位) 外来+入院(世帯単位)
現役並み所得者 57,600円 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
4回目以降は44,400円
一般 14,000円
(年間上限
144,000円)
57,600円
4回目以降は44,400円
区分Ⅱ 8,000円 24,600円
区分Ⅰ 8,000円 15,000円

                     

●平成30年8月から

区分 自己負担限度額(月額)
外来(個人単位) 外来+入院(世帯単位)

現役並みⅢ
(住民税課税所得690万円以上)

252,600円+(総医療費-842,000円)×1%

4回目以降は140,100円

現役並みⅡ
(住民税課税所得380万円以上690万円未満)

167,400円+(総医療費-558,000円)×1%

4回目以降は93,000円

現役並みⅠ
(住民税課税所得145万円以上380万円未満)

80,100円+(総医療費-267,000円)×1%

4回目以降は44,400円

一般

18,000円
(年間上限144,000円)

57,600円

4回目以降は44,400円

区分Ⅱ

8,000円 24,600円
区分Ⅰ

8,000円

15,000円

区分Ⅱ:世帯全員が住民税非課税で、区分Ⅰに該当しない方
区分Ⅰ:世帯全員が住民税非課税で、世帯全員の所得(年金所得は控除額を80万円として計算)が0円になる
    方。又は老齢福祉年金受給者
 
◆ 入院したときの食事代

・入院したときは、食費の標準負担額を自己負担していただきます。(区分Ⅱや区分Ⅰの限度額の適用を受けるには、前もって「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けておく必要があります。)

区分 食費(1食あたり)
一般の被保険者(現役並み所得者を含む)※1 460円

区分Ⅱ ※2

過去1年間の合計入院日数が90日以下の場合 210円
過去1年間の合計入院日数が91日以上の場合 160円
区分Ⅰ 100円

※1 一般・現役並みの区分については、指定難病患者等一部の方において260円の食費が適用される場合が
  あります。
※2 過去1年間で区分Ⅱの認定を受けている期間の入院日数が91日以上の場合、申請することで申請日の
  翌月から160円の食費が適用されます。
 
◆ 療養病床への入院

・療養病床に入院した場合は、食費と居住費が必要になります。ただし、難病等で入院の必要性が高い方は、居住費は必要なく、食事代は一般病床と同様となります。(区分Ⅱや区分Ⅰの限度額の適用を受けるには、前もって「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けておく必要があります。)

区分 生活療養費標準負担額
一般の被保険者
(現役並み所得者を含む)
入院時生活療養(Ⅰ)を算定する保険医療機関への入院 ※1 (食費) 1食につき460円と
(居住費)1日につき370円の合計額
入院時生活療養(Ⅱ)を算定する保険医療機関への入院 ※2 (食費) 1食につき420円と
(居住費)1日につき370円の合計額
区分Ⅱ (食費) 1食につき210円と
(居住費)1日につき370円の合計額
区分Ⅰ (食費) 1食につき130円と
(居住費)1日につき370円の合計額
老齢福祉年金受給者等 (食費) 1食につき100円
(居住費)1日につき 0円


※1 管理栄養士などにより、栄養管理が行われているなど一定の要件を満たす保険医療機関の場合
※2 ※1以外の保険医療機関の場合
 
◆ 詳しくは、香川県後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧ください。

お問い合わせ

このページは国保・高齢者医療課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎1階
電話:087-839-2311  ファクス:087-839-2314

(長寿医療係)
 電話:087-839-2315  ファクス:087-839-2314

<国保・高齢者医療課>
電話:087-839-2311
ファクス:087-839-2314

Eメール:kokuho@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ