このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

木造千手観音坐像

更新日:2018年3月1日

彫刻

指定区分  重要文化財

指定年月日 昭和30年2月2日

所在地   屋島寺(高松市屋島東町1808) 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「たかまっぷ」で地図を表示する(外部サイト)

解説
 屋島寺は、唐僧鑑真(がんじん)の開基、その弟子恵雲律師の創建と伝えられる。この千手(せんじゅ)観音ほど貞観(じょうかん)仏らしい仏も少ない。いかついお顔にがっしりした躰躯(たいく)、当時の光背(こうはい)をつけたまま千年の間座り続けておられる。どこからみても頼もしい貞観仏である。
 頭上の一部の化仏(けぶつ)や持物(じもつ)を除く外は、当初のお姿そのままである。千手観音は榧(かや)の一木造りで、内袴(うちぐり)のない丸彫(まるぼ)り像である。お顔は切長の目、短くて大きい鼻、分厚い唇、太くて短い首、躰は肥満で力強い。吉祥坐(きっしょうざ)に結跏趺坐(けっかふざ)するお姿は、真言密教の本尊としてまことに似つかわしい。目鼻立ちや衣文など細部の彫り口には穏やかさが見られる。その造像は10世紀にはいった頃であろう。その頃の千手観音坐像の一典型として重要な作例である。
~ 高松市歴史民俗協会・高松市文化財保護協会1992年『高松の文化財』より抜粋 ~

お問い合わせ

このページは文化財課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎7階
電話:087-839-2660  ファクス:087-839-2659

(高松市埋蔵文化財センター)
 住所:〒760-0017 高松市番町一丁目5番1号
 電話:087-823-2714  ファクス:087-823-2715 

(高松市歴史資料館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松4階)
 電話:087-861-4520  ファクス:087-837-9114 

(高松市石の民俗資料館)
 住所:〒761-0121 高松市牟礼町牟礼1810番地
 電話:087-845-8484  ファクス:087-845-5693 

(高松市香南歴史民俗郷土館)
 住所:761-1402 高松市香南町由佐253番地1
 電話:087-879-0717  ファクス:087-879-1818 

(高松市讃岐国分寺跡資料館)
 住所:〒769-0102 高松市国分寺町国分2177番地1
 電話:087-874-8840  ファクス:087-874-8840 

(菊池寛記念館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松3階)
 電話:087-861-4502  ファクス:087-837-9114 
 
<文化財課>
電話:087-839-2660
ファクス:087-839-2659

Eメール:bunkazai@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ