このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

木造毘沙門天立像

更新日:2018年3月1日

彫刻

指定区分  重要文化財

指定年月日 昭和16年11月6日

所在地   香西寺(高松市香西西町211)

解説
 毘沙門天(びしゃもんてん)は身に革甲(かわよろい)や胯(こ)をつけ、左手に塔をのせ右手に鉾(ほこ)を持つ。足に脛甲(けいこう)をつけて沓(くつ)をはき、岩坐(いわざ)の上に伏した邪鬼(じゃき)の上に立っている。身の丈101センチの檜(ひのき)の一木造りで、彩色のあとが遺(のこ)っている。このお姿から、遠い中央アジアの西域風の凛々(りり)しい武将の姿が想像されてくる。
 お顔は重厚さの中に穏やかさを秘め、甲(よろい)の下の衣の袖は静かにたれ、腰を少し左にひねり自然な姿で立っている。きびしい貞観彫刻から穏やかな藤原彫刻に移りゆく藤原前期の特徴がうかがわれる。
 奈良時代の四天王信仰から平安時代になると、多聞天(たもんてん)が独立して毘沙門天の尊称で武の神、富貴栄祿の神として、庶民の信仰は広まった。当時の讃岐の庶民信仰が想像される。毘沙門天は、当寺の前身である奈良時代に建立された勝賀寺の奥の堂から移されたものであろう。
~ 高松市歴史民俗協会・高松市文化財保護協会1992年『高松の文化財』より抜粋 ~

お問い合わせ

このページは文化財課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎7階
電話:087-839-2660  ファクス:087-839-2659

(高松市埋蔵文化財センター)
 住所:〒760-0017 高松市番町一丁目5番1号
 電話:087-823-2714  ファクス:087-823-2715 

(高松市歴史資料館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松4階)
 電話:087-861-4520  ファクス:087-837-9114 

(高松市石の民俗資料館)
 住所:〒761-0121 高松市牟礼町牟礼1810番地
 電話:087-845-8484  ファクス:087-845-5693 

(高松市香南歴史民俗郷土館)
 住所:761-1402 高松市香南町由佐253番地1
 電話:087-879-0717  ファクス:087-879-1818 

(高松市讃岐国分寺跡資料館)
 住所:〒769-0102 高松市国分寺町国分2177番地1
 電話:087-874-8840  ファクス:087-874-8840 

(菊池寛記念館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松3階)
 電話:087-861-4502  ファクス:087-837-9114 
 
<文化財課>
電話:087-839-2660
ファクス:087-839-2659

Eメール:bunkazai@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ