高松市公式ホームページ もっと高松

Multilingual

新型コロナワクチンの住民接種について

更新日:2024年2月15日

「第一三共社」の新型コロナワクチンによる接種を開始しました

新たに第一三共社の「オミクロン株(XBB.1.5)対応ワクチン」(国内生産)が薬事承認され、12歳以上の追加接種(3~7回目)に使用することができるようになりました。
※第一三共社のワクチンは、初回接種には使用できません。
※「令和5年秋開始接種」の実施期間中(令和5年9月20日~令和6年3月31日)にすでに追加接種を受けている場合は接種できません。
新規ウインドウで開きます。第一三共社のワクチン情報はこちら
新規ウインドウで開きます。第一三共社のワクチン接種が可能な医療機関はこちら

ワクチン接種について

各種手続について

高松市の接種状況(令和6年1月31日時点)

※人口:住民基本台帳人口(令和4年1月1日時点)
※9月17日の更新からVRS(ワクチン接種記録システム)のデータを使用。

他疾病のワクチンとの同時接種について

インフルエンザワクチンと新型コロナワクチンは同時接種が可能です。
インフルエンザ以外の他疾病のワクチンを接種する場合は、原則、13日以上の間隔をあけてください。

ワクチン接種のための一時的な子育て援助について

本市では、「子育ての援助をしてほしい人」と「子育ての援助をしたい人」が一時的に子育てを助け合う「ファミリー・サポート・センター事業」を実施しています。
制度を利用する場合、事前の会員登録とお子様と一緒の事前面談が必要となりますので、ワクチン接種のために一時的な預かり支援等の子育て援助を希望する人は、お早めに制度の利用を検討してください。
ファミリー・サポート・センター事業についてはこちらから

不審な電話にご注意ください

高松市内で、役所職員(県の職員・市の職員などは名乗っていない)を名乗る者からのアンケートを装った不審電話が発生しています。
新型コロナワクチン接種に関して、市区町村が家族構成や年収等の個人情報を聞くことは絶対にありません。
困ったときは、一人で悩まず、高松市消費生活センター(087-839-2067)にご相談ください。

予防接種健康被害救済制度があります

予防接種では、健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。
極めてまれではあるものの、なくすことはできないことから、救済制度が設けられています。
申請に必要となる手続きなどについては、高松市保健所(感染症対策課)にご相談ください。

関係機関ホームページ

国は、「新型コロナワクチンの情報については、科学的根拠や信頼できる情報源に基づいていない不正確なものがあり、注意が必要です。」と示しております。
ワクチンの接種に当たっては、厚生労働省ホームページに掲載されている各種情報を参考にしていただき、感染症予防の効果と副反応のリスクについて御検討の上、接種するかどうか御判断いただきますようお願いします。

各コールセンター・お問い合わせ

高松市コールセンター

相談内容:ワクチン接種の予約、接種券の再発行など
受付時間:毎日(祝日を含む、年末年始は除く)午前9時から午後6時まで
※お問合せ内容によっては、折り返し回答する場合がございます。あらかじめ御了承ください。

高松市新型コロナワクチン接種コールセンター
!!かけ間違いには十分注意してください!!

香川県新型コロナワクチン専門相談コールセンター

電話:0570-009-550
相談内容:副反応に関すること、専門的な内容など
受付時間:毎日(祝日含む)午前9時から午後5時

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

電話:0120-761770
相談内容:ワクチン施策に関することなど
受付時間:毎日(祝日含む)午前9時から午後9時

市役所本庁舎11階窓口について

市役所本庁舎11階窓口は、令和4年度末で終了しております。

その他

  • 電話によるコミュニケーションが困難な方は、こちらからお問い合わせください。
  • 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。外国人のみなさんへ(外部サイト)(コロナウイルスの 情報(じょうほう)を いろいろな 言葉(ことば)で みることができます)

お問い合わせ

このページは、高松市新型コロナワクチン接種担当が担当しています。

電話:0120-525-207