このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

防災情報

東南海・南海地震について

 東海沖から四国沖にかけての領域を震源とする東南海・南海地震は今世紀前半にも発生するおそれがあります。過去にもおおむね100から150年周期で繰り返して発生し、前回の昭和南海地震(1946年)から約60年経過しています。(以下参照)

発生年 地震名 マグニチュ-ド 発生源 県内の被害の概要
南海

東南海

東海
1605 慶長地震 7.9
1707 宝永地震 8.4

死者28人、倒壊家屋929戸、五剣山の一部崩落。
2メートル弱の津波で相当の被害。

1854 安政東海地震 8.4
安政南海地震 8.4 死者5人、負傷者19人、倒壊家屋2,961戸。30センチメートル余の津波だが満潮と重なり県東部で被害。
1944 昭和東南海地震 7.9
1946 昭和南海地震 8.0

死者52人、負傷者273人、家屋全壊608戸、半壊2,409戸。
その他堤防決壊による浸水被害、地盤沈下による無形被害も多い。

 この地震の特徴は、(1)被害の範囲が広いこと、(2)津波の被害が大きいこと、(3)同時又は接近して二つの巨大地震が発生する可能性が高いことです。高松市では、震度6強、津波の高さは1メートル前後になるとも言われ、津波が満潮時と重なった場合は、陸上の深いところでは2メートル以上の浸水が予想されます。また、海面変動開始時間は地震発生から16分後、最高津波到達時間は地震発生から186分後と予想されています。(平成25年3月31日:香川県公表)

香川県地震・津波被害想定(第一次公表)

(平成25年3月31日:香川県公表)

○ 今回公表された被害想定は、南海トラフを震源域とする最大クラス及び発生頻度の高い地震・津波や、中央構造線・長尾断層などを震源域とする直下型地震について、最新の知見をもとに震度分布や津波浸水等を推計したものです。

○ 今回の想定は、数多くある可能性の中からいくつかを選んだもので、次に起こる地震が想定どおりになるとは限りません。想定を参考にすることは大事ですが、想定だけにとらわれ、油断してもいけません。

○ この公表により、市民の皆さまは、想定される地震・津波に対する具体的なイメージを持って、その特性を正しく理解するとともに、災害が発生したときは、正しい判断のもと、行動していただきたいと思います。

○ 市としても、この公表を踏まえ、市民の皆さまが、地震・津波を「正しく知り」、「正しく判断し」、「正しく行動する」ことができるよう取り組みを進めてまいります。防災マップや津波避難ビルマップの見直し作業についても今年度予定しております。

台風や豪雨に備えよう

予知が難しい地震と違い、台風や豪雨は、ある程度予測できます。
でも決して自然をあなどってはいけません。風速も10メートルを越えたら傘もさせず、何が飛んでくるか分かりません。
風水害はすべて二次災害へ結びつく可能性が高く、物が飛んだり、流れたり、崩れるなど人間では考えられないような力を持っています。
台風などが来る前に、事前にガードしておきましょう。

自主防災組織を結成しよう

高松市の避難所

高松市の指定避難所は次のとおりです。
自宅や勤務先の近くの避難所をもう一度確認しておきましょう。
できれば、実際に歩いて確かめておきましょう。

高松市防災女性チーム

 東日本大震災や阪神・淡路大震災の避難所において、女性から見た生活物資の不足やプライバシーの配慮不足等が課題となり、防災活動に女性の視点を取り入れるため平成24年5月21日に設立し、活動内容等を取りまとめた提言を市長へ報告しました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ