高松市公式ホームページ もっと高松

Multilingual

成人用肺炎球菌ワクチン予防接種

更新日:2023年4月1日

成人用肺炎球菌ワクチン予防接種についてのお知らせ

 平成31年度から令和5年度までの5年間をかけて、年度ごとに65歳から5歳刻みの年齢の人に、一人一回、成人用肺炎球菌予防接種の御案内をしています。
 この制度は、平成26年10月から平成30年度にかけて、同じ方法で御案内しましたが、今年度は65歳になる人及び平成30年度に御案内した人のうち、高松市に定期予防接種としての接種記録がない人に、予防接種予診票とお知らせを7月末頃にお送りする予定です。
 今年度の対象者(下記【対象者】参照)の方で、自費での接種を含め、過去に一度でも23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチンの接種を受けたことがない方が定期接種の対象で、自己負担金2,400円で接種できる期間は令和6年3月31日までです。
 過去に接種したことのある人は、今回の公費助成を受けての接種はできませんので、御了承ください。

対象者

(1)令和5年度に次の年齢となる方(下記の方は、誕生日以前でも接種できます。)
 65歳   昭和33年4月2日生~昭和34年4月1日生の方
 70歳   昭和28年4月2日生~昭和29年4月1日生の方
 75歳   昭和23年4月2日生~昭和24年4月1日生の方
 80歳   昭和18年4月2日生~昭和19年4月1日生の方
 85歳   昭和13年4月2日生~昭和14年4月1日生の方
 90歳   昭和 8年4月2日生~昭和 9年4月1日生の方
 95歳   昭和 3年4月2日生~昭和 4年4月1日生の方
100歳   大正12年4月2日生~大正13年4月1日生の方

(2)60歳以上の人で、心臓、腎臓又は呼吸器の機能障害により身体障害者手帳1級を有する人又はヒト免疫不全ウイルスにより身体障害者手帳1級を有する人(65歳以上の人は、高松市独自の行政措置接種助成制度に該当します。)

※対象者(2)の人は、身体者障害手帳(1~4面)の写し又は予防接種対象者確認書(感染症対策課へ御相談ください。)を医療機関に提出し、対象者であることを確認できれば、自己負担金2,400円で接種することができます。その際、予診票は医療機関でお受け取りください。また、自己負担金免除対象者であれば、併せて証明書類等を添付してください。

接種期間

令和5年4月1日から令和6年3月31日
※予診票、お知らせが届く前に接種を希望される場合は、感染症対策課まで御連絡ください。

実施場所

高松市内の個別予防接種実施協力医療機関又は香川県内の広域予防接種協力医療機関
※対象者(2)のうち、65歳以上の人は高松市独自の行政措置接種助成制度になるため、高松市内の協力医療機関でのみ実施します。広域予防接種実施医療機関では接種できませんので御注意ください。

自己負担金

2,400円

接種の際に持参するもの

  • 成人用肺炎球菌予防接種予診票
  • 健康保険証等、住所と年齢が確認できるもの
  • 自己負担金 2,400円
  • 自己負担金免除者の方は、自己負担金免除者であることが確認できる証明書

自己負担金免除対象者

(1)生活保護法による保護を受けている方
(2)中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律等による支援給付等を受けている方
(3)令和5年度の市町村民税が非課税である世帯に属する方

※(1)、(2)の対象者は、生活福祉課で発行される受給証明書が必要です。
※(3)の対象者は、下記の(1)~(3)いずれかの書類が必要です。
   (1)令和5年度の介護保険料決定通知書の写し(保険料段階が第1段階から第3段階が対象)
   (2)市民税課、各総合センター、各支所・出張所で発行される令和5年度課税状況の確認票
   (3)感染症対策課、健康づくり推進課、各保健ステーションで発行される自己負担金免除承認通知書

自己負担金の償還払い

自己負担金免除対象者が、医療機関に自己負担金免除書類の提出をしないで接種を受け、自己負担金を支払った場合には、償還払い制度を利用できます。申請には、償還払助成申請書に請求書、領収書(被接種者名、接種日、接種した予防接種の種類及び単価がわかるもの)の添付が必要です。

お問い合わせ

このページは、感染症対策課が担当しています。

〒760-0074 高松市桜町一丁目10番27号保健所2階

電話:087-839-2870

ファクス:087-813-0221