このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

地中熱利用ヒートポンプシステムの導入効果

更新日:2018年3月1日

5 地中熱利用ヒートポンプシステムの導入効果

(1)省エネルギー
   地中の温度は通年で安定しており、外気とは、夏冬の温度差があること、また、地下環境が土石や水
  分で満たされているとの前提で、いずれも空気より熱容量が大きいことから、地中熱ヒートポンプは冷
  暖房等の効率が高く、省エネルギーが期待できます。
 ※ 熱容量:任意の量の物質の温度を1℃上昇させるのに必要な熱量。この数値が大きいほど、温度上昇に
   多くの熱量を必要とし、蓄熱能力が高いこととなります。同じ体積で比べると、水は空気の3,000倍以
   上の熱容量があります。

(2)CO2の排出削減
   地中熱利用ヒートポンプは電力のみで稼働するため、石油やガスを用いた暖房や給湯と比べた場合、
  地球温暖化の原因となるCO2を直接排出しないこと、また、空気熱源ヒートポンプ(通常のエアコン)
  よりも高効率で消費電力が少ないことから、温室効果ガス(CO2)の排出削減につながります。

(3)ランニングコストの低減
   地中を掘削してパイプを通すなど、大がかりな設備となるほか、システムの普及が進んでいないこと
  から、設備整備時のコストは高価ですが、冷房時には地上より冷温で、暖房時には地上より高温の地中
  熱を利用し、少ないエネルギー消費で運転できることにより、ランニングコストは空気熱を利用するシ
  ステムと比べて一般的に低減します。

(4)ヒートアイランド現象の緩和
   冷房時に発生する熱を大気中に放出する空気熱源ヒートポンプと異なり、地中で熱交換を行い、温排
  気を大気中に排出しないことから、都市部に多数設置されている空気熱源ヒートポンプが地中熱利用の
  ものに置き換われば、ヒートアイランド現象の緩和につながります。

お問い合わせ

このページは環境総務課 地球温暖化対策室が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎13階
電話:087-839-2394
ファクス:087-839-2390

Eメール:kankyou_s@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

便利ナビ

  • 結婚 離婚
  • 妊娠 出産
  • 子育て
  • 入園 入学
  • 引越 住まい
  • 就職 退職
  • 高齢者 介護
  • おくやみ

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

よくある質問

地中熱の利用について

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ