このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
ようこそ! きっずの森へ
サイトメニューここまで

本文ここから

読書の森

更新日:2022年4月21日

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。中央図書館(外部サイト) 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。牟礼図書館(外部サイト) 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。香川図書館(外部サイト) 

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国分寺図書館(外部サイト) 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。瓦町サテライト(外部サイト) 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。夢みらい図書館(外部サイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。移動図書館ララ号(外部サイト)

高松市中央(たかまつしちゅうおう)図書館が、2か月ごとに色々(いろいろ)な本を紹介しています。
国分寺(こくぶんじ)図書館、香川(かがわ)図書館、牟礼(むれ)図書館、(ゆめ)みらい図書館もそれぞれ本の紹介リーフレットを作成(さくせい)して紹介しています!

図書館での行事(ぎょうじ)は、イベントの(もり)へ → イベントの森

いままでに紹介したおすすめの本はここからみれるよ!

2022年4月・5月のおすすめ「ちいさな()きもの おおきな()きもの」

書名
著者
出版社等

内容

『すずめのまる』
絵:箕輪 義隆
文:かんちく たかこ
出版社:アリス館

すずめの(おんな)()「まる」
どきどきしながら、はじめて(はね)をひろげてとんだ()
(おや)からはなれて、なかまたちとくらすようになった()
家族(かぞく)をもった()
まるの()(とお)して、すずめの生活(せいかつ)(えが)いた、きれいな
線画(せんが)絵本(えほん)です

『きつねとねずみ』
作:ビアンキ
訳:内田 莉莎子
出版社:福音館書店

きつねのだんながやってきて、ちいさな
ねずみにたずねます
「なんだって じめんをほったんだい?」
「あんたから、かくれるためさ」
しっかりもののねずみと、まんまとにげられる
きつねのやりとりが軽快(けいかい)
50年以上(ねんいじょう)()みつがれているおはなし


『きょうりゅうの おおきさって
どれくらい?』
作:大島 英太郎
出版社:福音館書店

もし、きょうりゅうがいまもいたら、どのくらいの
おおきさかな?
トリケラトプスなら、ジャングルジムくらい、ティラノ
サウルスなら、しんごうきとおなじくらいのたかさが
あるよ
身近(みぢか)なものとくらべた、(ちい)さな()から(たの)しめる絵本(えほん)

『あるヘラジカの物語(ものがたり)
原案:星野 道夫
絵と文:鈴木 まもる
出版社:あすなろ書房

アラスカの(やま)のふもと、2とうのおおきな
オスのヘラジカがはげしくたたかっています
自然(しぜん)(なか)のめぐる生命(せいめい)(とき)のながれが、力強(ちからづよ)
(ふで)づかいで(えが)かれています
星野(ほしの) 道夫(みちお)一枚(いちまい)写真(しゃしん)から、着想(ちゃくそう)()てうまれた
一冊(いっさつ)

『ゾウ』
作:ジェニ・デズモンド
訳:福本 由紀子
出版社:BL出版

(おお)きなからだのゾウですが(はな)器用(きよう)にあやつり、
(ちい)さな()()もつかめるし、(みみ)使(つか)って感情(かんじょう)
あらわします
記憶力(きおくりょく)もよく、何年(なんねん)(まえ)にあった水場(みずば)場所(ばしょ)
おぼえていたり、なかまの()をいたんだりします
かつて300種以上(しゅいじょう)いたゾウもいまは、3(しゅ)だけ
迫力(はくりょく)のある()で、ゾウにくわしくなれる絵本(えほん)です

(やま)園芸屋(えんげいや)さん エゾシマリス』
写真・文:佐藤 圭
出版社:文一総合出版

北海道(ほっかいどう)大雪山(たいせつざん)にすむエゾシマリス
体長約(たいちょうやく)15センチメートル、体重(たいじゅう)は、みかんひとつ(ぶん)
くらい
家族(かぞく)とのくらしや、(てき)からにげたり、あつめた()()
たねをうめておいたりと、大自然(だいしぜん)のなかでのエゾシマリスの
()らしが写真(しゃしん)とやさしい(ぶん)でわかります
(いのち)のつながり」シリーズで、1.ヒグマ 2.ニホンザルが
あります((やま)園芸屋(えんげいや)さん エゾシマリスは3.)

天井(てんじょう)からジネズミ』
文:佐伯 元子
絵:あべ 弘士
出版社:学研教育出版

ある()天井(てんじょう)(あな)から()ちてきた(あか)ちゃんネズミ
それは、モグラの仲間(なかま)の「ジネズミ」でした
著者(ちょしゃ)はとまどいながらも、(そだ)ててみることに
3センチメートルほどの(からだ)にあわせたあそび道具(どうぐ)
部屋(へや)用意(ようい)し、()きているエサもつかまえ、寿命(じゅみょう)
とされる時間(じかん)倍以上生(ばいいじょうい)きたジネズミとの()らしの記録(きろく)

珍獣(ちんじゅう)ドクターの
ドタバタ診察日記(しんさつにっき)
動物(どうぶつ)(いのち)に「まった」なし!』
著:田向 健一
出版社:ポプラ社

著者(ちょしゃ)病院(びょういん)には、(いぬ)(ねこ)はもちろん、ハムスター、
モモンガ、ヘビ、カメ、ときには、アリクイやトナカイまで
診療(しんりょう)におとずれます
これまでに100種類以上(しゅるいいじょう)動物(どうぶつ)診察(しんさつ)し、オリジナルの
治療法(ちりょうほう)もたくさん(かんが)えてきた著者(ちょしゃ)が、獣医(じゅうい)仕事(しごと)
ようすや、わたしたちが(いのち)にどう()きあうべきかを
おしえてくれます

『よみがえれ、マンモス!
近畿大学 (きんきだいがく)
マンモス復活(ふっかつ)プロジェクト』
文:令丈 ヒロ子
絵:深川 直美
出版社:講談社

4000年前(ねんまえ)絶滅(ぜつめつ)したといわれるマンモス
シベリアの永久凍土(えいきゅうとうど)(なか)(こお)っていた(からだ)から、
DNAを()()せれば、ふたたび誕生(たんじょう)させられる?
近畿大学(きんきだいがく)生物理工学部(せいぶつりこうがくぶ)先端技術研究所(せんたんぎじゅつけんきゅうしょ)
スペシャリストたちが(いど)んだ挑戦(ちょうせん)を、児童書(じどうしょ)
人気作家(にんきさっか)(つた)えるノンフィクション
表情豊(ひょうじょうゆた)かなイラストもおもしろい

『バンビ (もり)()きる』
作:フェーリクス・ザルテン
訳:酒寄 進一
出版社:福音館書店

バンビは、ノロジカの(おとこ)()
(かあ)さんと()ったすてきな草原(そうげん)、なかよしのいとこたち……
たのしい毎日(まいにち)をおくっていましたが、ある()(もり)古老(ころう)
よばれる、りっぱなオスに出会(であ)い、自分(じぶん)のなかに(なに)かが
芽生(めば)えます
バンビの()をとおして、「()きる」ことを(かんが)える物語(ものがたり)
動物文学(どうぶつぶんがく)名作(めいさく)忠実(ちゅうじつ)(やく)そうと(こころ)みた新訳(しんやく)です

お問い合わせ

このページは生涯学習課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎10階
電話:087-839-2633
ファクス:087-839-2624

Eメール:syakyo01@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ