このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

ふぐ食中毒の予防について

更新日:2018年3月1日

自家調理によるふぐの食中毒が頻発しております!

 市内において平成23年4月、平成24年10月に、自ら釣ったふぐを調理して食べ、数時間後、手足の痺れ、呼吸困難等を発症し、救急車で病院に搬送されるという食中毒事件が発生しました。

素人が調理することは大変危険なので、絶対にやめましょう!

ふぐ毒とは

ふぐの毒は、テトロドトキシンと呼ばれ、毒力が大変強く、青酸カリの約1000倍ともいわれる猛毒です。
また、ふぐの種類や部位などによって含まれる毒の量に違いがあり、その毒性に個体差があったり、季節による差が見られたりします。
300度の加熱でも分解しないので、煮たり焼いたりしても無くなりませんし、水にあまり溶けないため水さらししても無毒化することはできません。

ふぐ食中毒の症状

ふぐの毒は神経を麻痺させる作用があり、有毒部位を食べるとおよそ20分~3時間後に口や指先のしびれが始まり、やがて麻痺が全身に及び、場合によっては呼吸困難により死亡します。

ふぐ食中毒にあわないために

(1)釣ったふぐを自家調理しないこと!
(2)種類がわからないふぐは調理したり、食べたりしないこと!
(3)特に、卵巣や肝臓などの内臓は、ふぐの種類に関わらず、絶対に食べないこと!
(4)ふぐは、ふぐ処理師の免許を持つ人が調理したものしか食べないこと!

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ふぐによる食中毒発生について(注意喚起)(外部サイト)

フグを処理する営業者の方へ

ふぐの調理には、正しい知識と技術が必要です

素人調理は絶対にしないようにしましょう

お問い合わせ

このページは生活衛生課が担当しています。
〒760-0074 高松市桜町一丁目10番27号高松市保健所1階
電話:087-839-2865
ファクス:087-839-2879

Eメール:seikatsueisei@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ