このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

ジビエ(野生鳥獣肉)による食中毒について

更新日:2020年1月6日

 ジビエとは、クマ、シカ、イノシシなど狩猟の対象となり食用とする野生鳥獣、又はその肉のことです。
生又は加熱不十分な野生のクマ肉、シカ肉、イノシシ肉を食べると、寄生虫(トリヒナ)、E型肝炎ウイルス等による食中毒のリスクがあります。
 ジビエは中心部まで火が通るようしっかり加熱してください。また、接触した器具の消毒など、取扱いには十分に注意してください。

(厚生労働省HP)

ジビエを取り扱う食品事業者の方へ

 業として野生鳥獣を食用に供するために処理するには、食品衛生法第52条の規定に基づく営業許可を受けた施設で行わなければなりません。具体的には、基準に適合する食肉処理施設を設けること、基準に従って衛生的に処理加工を行うこと等が必要となります。
 また、高松市では食品衛生法で規定された内容に加え、処理加工において守るべき衛生管理の方法などを示した「高松市野生鳥獣肉衛生管理ガイドライン 」を作成しています。

お問い合わせ

このページは生活衛生課が担当しています。
〒760-0074 高松市桜町一丁目10番27号高松市保健所1階
電話:087-839-2865
ファクス:087-839-2879

Eメール:seikatsueisei@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ