このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

第37回 日本伝統漆芸展

第37回 日本伝統漆芸展

日本を代表する工芸として、永い歴史をもつ漆芸。日本伝統漆芸展は日本伝統工芸展の漆芸部会展として、伝統の 継承とその錬磨、現代への応用を目指して開かれています。第37回となる今回は、東京・輪島・高松・広島の4会場 を巡回し、受費作7点を含む入選作品全89点を展示いたします。

重鎖から新進まで漆工芸への飽くなき挑戦がうかがわれる本展覧会は、後継者育成に大きな貢献を果たしていま す。各地の伝統が育んだ地域性をも展望することができるまたとない機会です。磨き抜かれた技と美への探究を、どうぞ心ゆくまでこ鑑費ください。
本展が見せる磨き抜かれた技と美への探求とともに、常設展示室2で開催されている高松市美術館のコレクションによる「蒟醤 太田儔氏を偲んで」も併せて鑑賞いただき、漆芸の魅力をお楽しみください。

開催情報

開催期間:
2020年3月14日(土曜日)~3月29日(日曜日)

休館日:
月曜休館

開館時間:
○3月14日(土曜日)~3月21日(土曜日)
午前9時30分~午後7時(3月15日のみ午後5時まで)
○3月22日(日曜日)~3月29日(日曜日)
午前9時30分~午後5時
※入室は閉館30分前まで

会場:
高松市美術館 1階常設展示室1

観覧料:
一般200円(160円)/大学生150円(120円)/65歳以上・高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金 ※常設展示室2もご覧になれます。

主催:
高松市美術館
公益社団法人 日本工芸会

後援:
文化庁・香川県
香川県教育委員会・朝日新聞社
公益財団法人岡田茂吉美術文化財団
四国新聞社・NHK高松放送局
KSB瀬戸内海放送・OHK岡山放送
RNC西日本放送・RSK山陽放送
TSCテレビせとうち

関連イベント

列品解説

※開展式および列品解説は中止となりました
会期中、下記の日程で、出品者による展示作品の解説を行います。
(※観覧券が必要です)

○3月14日(土曜日)午後1時~
解説者:
大谷早人 氏

○3月22日(日曜日)午後1時~
解説者:
石原雅員 氏

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで
Page Top

以下フッターです。

高松市美術館公式サイト

〒760-0027香川県高松市紺屋町10-4
電話 087-823-1711 ファックス 087-851-7250
  • Facebook
  • twiiter
  • LINE
  • Google+
  • tumbler
Copyright©TAKAMATSU ART MUSEUM.All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ