このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

救助係

更新日:2018年3月1日

高度救助隊 SUPER ARROW(スーパーアロー)

 複雑多様化する都市型災害や大規模災害に対応するため、平成20年3月に高度救助隊(スーパーアロー)を発隊させました。平成22年には阪神・淡路大震災以降に整備した高度救助資機材を更新、新たに電磁波探査装置、二酸化炭素探査装置、水中探査装置を導入し、更なる救助体制の強化・充実を図るとともに、高度な救助技術と知識の練磨に励み、幅広い救助事案に対応しています。平成23年3月11日に発生した東日本大震災では、3月14日から21日にかけ、緊急消防援助隊香川県隊の救助部隊として宮城県気仙沼市で捜索救助活動を行いました。

国際消防救助隊(IRT)

 高松市消防局では北消防署の高度救助隊員6名をIRT(インターナショナル レスキュー チーム)隊員として登録しています。平成23年2月22日に発生したニュージーランド南島地震災害では、本市が国際消防救助隊に登録して以来、初めての派遣となり、登録隊員2名が被災地であるクライストチャーチ市において捜索救助活動を実施し、国際協力の推進に貢献しました。

救助活動

1 交通救助

 交通事故により車内に閉じ込められた要救助者を救助工作車に積載した救助器具を使用して救出します。平成24年には79件の交通事故に出動し、69名を救出しています。

2 水難救助

 転落事故や何らかの理由により水難事故に巻きこまれた要救助者をウェットスーツ、アクアラングなどの潜水器具を使用して、潜水士の資格を持ち、潜水訓練を受けた水難救助隊員が救助活動を行います。

3 火災救助

 火災現場においても、人命救助を第一に活動します。隊員は空気呼吸器を装着し、建物の中から、全員が避難したことを確認できるまでは、逃げ遅れた人がいないか捜索しながら消火活動を行います。

救助訓練

 複雑多様化する都市型災害や大規模災害に対応できるように日々訓練を重ねています。

全国消防救助技術大会

 毎年、春から夏にかけて全国消防救助技術大会上位入賞を目指して猛暑の中、訓練をしています。今年は、広島市で開催され、水上の部、人命救助に出場し6位入賞を果たしました。

北消防署人気キャラクター 『ラダーマン』

 北消防署の人気キャラクター『ラダーマン』です。保育園児などが庁舎見学に来た際に登場します。ラダーマンと一緒にはしご車体操をやろう!

お問い合わせ

このページは北消防署が担当しています。
〒760-0005 高松市宮脇町一丁目2番34号庁舎2階
電話:087-861-1551  ファクス:087-861-1552

(防災係)
 電話:087-861-1542  ファクス:087-861-1552

(救助係)
 電話:087-861-1542  ファクス:087-861-1552

(救急係)
 電話:087-861-1543  ファクス:087-861-1552

<北消防署>
電話:087-861-1551
ファクス:087-861-1552

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ