このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

天守

更新日:2018年3月1日

 生駒期の天守は外観や内部の構造については不明ですが、絵図や古文書によると3重だったとされています。この天守を改築したのが松平頼重です。改築された天守は3重5階(3重4階+地下1階)建で、寛文10年(1670年)に完成しています。天守の最上階が下の階より張り出した南蛮造り(唐造り)で、さらに地上1階部分が石垣より張り出した構造となっていました。その大きさは、『小神野筆帖』によると「高17間半、内石垣4間」とあるため、地上部分の高さは13間半であることが分かります。1間を6尺5寸(約197センチメートル)と仮定すると、26.6メートルとなります。四国最大級の規模を誇った天守も、明治17年(1884年)に老朽化を理由に取り壊されました。

写真:天守古写真(公益財団法人松平公益会蔵)

玉藻廟

 天守跡地には、最後の藩主であった松平頼聰により明治34から35年(1901年から1902年)に初代頼重を祀る玉藻廟が建築されました。昭和19年(1944年)には戦火を避けるため、屋島神社に御神体(理兵衛焼の頼重像)を遷座し、その後、昭和31年(1956年)に公益財団法人松平公益会敷地内に新玉藻廟が建築され、再遷座しています。天守台上の旧玉藻廟はその傷みが激しいことから、石垣修理工事に伴い平成18年(2006年)9月から11月にかけて記録保存を行い解体しました。

写真:天守に所在した玉藻廟

天守台前面

 天守台の前面付近では、多量の瓦と漆喰が出土しました。なかでも天守台北西隅角部裾では漆喰が折り重なるように出土しており、天守に使用された漆喰と考えられます。また、天守台南西隅では、鬼瓦の一部が出土しました。

天守の漆喰
 漆喰と一口で言っても、普通の漆喰以外に四国では高知県を中心に「土佐漆喰」と呼ばれる漆喰も用いられます。普通の漆喰は、消石灰とスサを海藻海苔で練って作ります。一方、土佐漆喰は海藻海苔を使わず、稲藁のスサを発酵させ練りこむことが最大の特徴で、普通の漆喰に比べ耐久性