このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

高松市美術館開館30周年記念 「ライブパフォーマンス“MM”」(構成・演出:やなぎみわ)

ライブパフォーマンス“MM” (構成・演出:やなぎみわ)

機械仕掛けの「神話」上演! 美術×機械工学×舞台芸術がクロスオーバーする実験作!

やなぎみわと、京都・香川・群馬・福島の大学等とが連携した「モバイル・シアター・プロジェクト」(動き回る小型劇場)。その化学反応から生まれたマシン4機によるインスタレーション『Myth Machines』が展示されます。

そのマシンたちの展示空間で、たった2日間だけ、高山のえみ(俳優)と内橋和久(音楽)を招いた、やなぎ構成・演出の有人公演が開催されます。
美術×機械工学×舞台芸術がクロスオーバーするライブパフォーマンス「MM」をお楽しみください。

※ご注意※
2月2日(土曜日)・3日(日曜日) はライブパフォーマンスのため、午後4時30分に2階特別展展覧会場のみ閉室。開場は午後6時30分。

【お知らせ】
当日券を若干数販売する予定です。詳細をお知りになりたい方は、1月31日(木曜日)以降、高松市美術館へお問合せください。

[原作]
ハイナー・ミュラー『ハムレットマシーン』『メディアマテリアル』
エウリピデスなど『王女メディア』
ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』
テジテリウス・エラスムス『痴愚神礼讃』
『古事記』ほか

イベント基本情報

[構成・演出]
やなぎみわ

[出演]
高山のえみ

[音楽]
内橋和久

[マシン製作]
京都工芸繊維大学 ROBOCON挑戦プロジェクト
香川高等専門学校 機械電子工学科 逸見研究室
群馬工業高等専門学校 機械工学科 ロボット工学研究室
福島県立福島工業高等学校

[協力]
京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター
ウルトラファクトリー
京都工芸繊維大学 ものづくり教育研究センター
KYOTO Design Lab

日時:
2019年2月2日(土曜日)、3日(日曜日)
各日19:00開演(18:30開場)

会場:
高松市美術館 2階展覧会場

定員:
各日80名(要予約)
※2月2日(土曜日)終演後にポストパフォーマンストークあり
※2月2日(土曜日)の公演は定員に達しました。

入場料:
2,500円(全席自由席)

お申込み方法:
2019年1月4日(金曜日)より、美術館1階受付にて販売。
※電話予約可

お問合せ・お申込み先:
高松市美術館 087-823-1711
※上演時間は1時間程度
※未就学児の入場はご遠慮ください

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで
Page Top

以下フッターです。

高松市美術館公式サイト

〒760-0027香川県高松市紺屋町10-4
電話 087-823-1711 ファックス 087-851-7250
  • Facebook
  • twiiter
  • LINE
  • Google+
  • tumbler
Copyright©TAKAMATSU ART MUSEUM.All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ