このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

友の会スペシャル・イベント「拡張する芸術の魅力 ~造船所跡地・えきとアートの親和性~」

講演会

2016年10月30日(日曜日)11時~12時(10時30分開場)
 
「文化・芸術・知の創造と交流の場」を目指すアートエリアB1(なにわ橋駅構内)で、多彩な事業を仕掛ける木ノ下氏がアートの魅力を語ります。

木ノ下 智恵子(きのした ちえこ)

講師(本展アドバイザー)

アートプロデューサー。1994年神戸芸術工科大学大学院修了。専門は、現代芸術に関する企画制作(プロデュース/アートマネジメント)、文化政策等。神戸アートビレッジセンター美術プロデューサーを経て、現在は大阪大学COデザインセンター特任准教授。また、アートエリアB1(なにわ橋駅/大阪)で「鉄道芸術祭」はじめ多岐に渡る展覧会等の企画、及びNAMURA ART MEETING実行委員として様々な芸術実験を試みる。

イベント基本情報

 
日時:
2016年10月30日(日曜日)11時~12時(10時30分開場)
 
会場:
高松市美術館1階講堂
 
対象:
どなたでも
 
定員:
先着150名
 
受講料:
無料
 
お申込み:
不要 ※参加ご希望の方は、当日直接講堂にお越しください。
 
お問合せ:
高松市美術館友の会
電話:087-823-1711
 

本文ここまで
Page Top

以下フッターです。

高松市美術館公式サイト

〒760-0027香川県高松市紺屋町10-4
電話 087-823-1711 ファックス 087-851-7250
  • Facebook
  • twiiter
  • LINE
  • Google+
  • tumbler
Copyright©TAKAMATSU ART MUSEUM.All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ