このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

みる誕生 鴻池朋子展

特別展

2022年7月16日(土曜日)~9月4日(日曜日)

みる誕生 鴻池朋子展


 これまで芸術が特権的に提示してきた視覚中心の価値観、文化と経済のグローバリズムの構造が、今、地球規模の転換期を迎えています。鴻池朋子は、アニメーション、絵画、絵本、彫刻などから手芸、おとぎ話、歌まで、あらゆる身近なメディアを用い、旅をして地形や季節と共に作品をつくり、その始まりから一貫して芸術の根源的な問い直しを続けてきました。

 今回、鴻池は生まれたての体で世界と出会う驚きを「みる誕生」と名付けました。観客は眼だけではなく、手で看(み)る、鼻で診(み)る、耳で視(み)る、そして引力や呼吸で観(み)て、美術館という強固な建築と、疎遠になってしまった自然界とに新たな通路を開いていきます。新作の《どうぶつの糞》の模型、牛革ツギハギの《皮トンビ》などを、人間の痕跡である美術館のコレクションと共存させます。また、美術館と海を隔てた大島とをつなぐ、生命の波打ち際である「インタータイダル・ゾーン(潮間帯)」というトポスには、国立療養所 菊池恵楓園 絵画クラブ「金陽会」の作品、若林奮の《緑の森の一角獣座 模型》、手芸《物語るテーブルランナー》などが波のように寄せ合います。生きていることは、みな、時も光も全て違う。観客も、もはや人間だけではないのです。

展覧会基本情報

会期:
2022年7月16日(土曜日)~9月4日(日曜日)

休館日:
月曜日(ただし、7月18日(月曜日・祝日)および8月15日(月曜日)は開館)、7月19日(火曜日)休館


開館時間:
午前9時30分~午後5時(入室は閉館30分前まで)
※金曜日・土曜日は午後7時閉館

主催:
高松市美術館

助成:
一般財団法人自治総合センター、公益財団法人朝日新聞文化財団

観覧料:
【一般】1,000円(800円) ※65歳以上も一般料金
【大学生】500円(400円)
【高校生以下】無料
※()内は瀬戸内国際芸術祭 2022 作品鑑賞パスポート提示及び20名以上の団体料金
※前売券の販売はありません。
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者(または障害者手帳アプリ「ミライロID」提示)は入場無料
※8月6日(土曜日)「美術館の日」は当館の誕生日をお祝いし、どなたも観覧無料となります。

お問い合わせ先:
高松市美術館
電話:087-823-1711

 

鴻池朋子(こうのいけ ともこ) 略歴

絵画、彫刻、手芸、歌、映像など様々なメディア、旅でのサイトスペシフィックな表現を通して、芸術の根源的な問い直しを続けている。近年の個展、2015~2017年「根源的暴力」神奈川県民ホール、群馬県立近代美術館、新潟県立万代島美術館(2016年芸術選奨文部科学大臣賞受賞)、2018年「Fur Story」リーズ美術大学(イギリス)、「ハンターギャザラー」秋田県立近代美術館、2020年「FLIP ちゅうがえり」アーティゾン美術館(毎日美術賞) 他。グループ展、2016年「Temporal Turn」カンザス大学スペンサー美術館・カンザス大学自然史博物館(アメリカ)、2017年「Japan-Spirits of Nature」ノルデスカアクヴァレッル美術館(スウェーデン)、2018年「ECHOES FROM THE PAST」シンカ美術館(フィンランド)、2020年「古典× 現代2020」国立新美術館、「The Travel Dialogue Form」グラスゴーインターナショナル(イギリス)、今年2022年「瀬戸内国際芸術祭 2022」大島では、前回の《リングワンデルング》に新たな道を通すほか、カフェ・シヨルでは菊池恵楓園 絵画クラブ「金陽会」の作品と『物語るテーブルランナー』とが共演。著書『どうぶつのことば』、絵本『焚書 World of Wonder』(共に羽鳥書店) 他。1960年秋田県生まれ。

(参考図版)《武蔵野皮トンビ》 展示風景 2021年
©2021 Tomoko Konoike Courtesy of Kadokawa Culture Museum
※本展では新作を展示します。 

制作風景 2022年
© Tomoko Konoike 

《Dream Hunting Grounds カービング壁画》
秋田県立近代美術館 展示風景 2018年/新田安紀芳氏蔵(アーツ前橋寄託)
© Tomoko Konoike

関連イベント

「みる誕生会」

内容:
手で見て語る鑑賞会。

開催日時:
(1)2022年7月17日(日曜日)
午前10時30分~午後0時30分
ナビゲーター:鴻池朋子

(2)2022年8月21日(日曜日)、(3)2022年8月24日(水曜日)
各午前10時30分~午後0時30分
ナビゲーター:当館学芸員

対象:
見えない人・見えにくい人4名、見える人3名

参加料:
無料(ただし、観覧券が必要です)
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者(または障害者手帳アプリ「ミライロID」提示)は観覧無料)

申込方法:
電話又はメールにて受け付けます。(電話087-823-1711、メールbijyutsu@city.takamatsu.lg.jp
7月1日(金曜日)午前8時30分より受付開始

「鴻池朋子クロストーク」

クロストーク1「絵の波打ち際から」

内容:
国立療養所 菊池恵楓園 絵画クラブ「金陽会」の作品展は、大島での同時開催も含め、四国では初の大規模な展示です。そのユニークな展覧会を発案した作家が、作品に長年携わってきた藏座さんと実現までの経緯を語ります。

開催日時:
2022年7月16日(土曜日)
午後1時30分~午後3時(午後1時15分開場)

出演:
藏座江美(キュレーター)、鴻池朋子

会場:
美術館1階講堂

聴講料:
無料

定員:
70名

申込方法:
電話又はメールにて受け付けます。(電話087-823-1711、メールbijyutsu@city.takamatsu.lg.jp
7月2日(土曜日)午前8時30分より受付開始

画像:
木下今朝義《故郷の風景》 2002年
一般社団法人金陽会蔵©坂本和代

藏座江美 (ぞうざえみ) 略歴

熊本市現代美術館の立ち上げに学芸員・司書として参加。2002年の開館記念展「ATTITUDE2002」で国立療養所 菊池恵楓園に初めて足を踏み入れる。14年の美術館勤務を経て、国立療養所 菊池恵楓園 絵画クラブ「金陽会」の作品調査、保存活動を行い、全国各地で展覧会を開催している。主な展覧会に「いのちのあかし展」(2016年、京都市)、「ふるさと、奄美に帰る」(2018年、奄美大島)、「「知らない」を観に行こう。」(2018年、あま市)、「ふるさと、天草に帰る」(2020年、天草市ほか)など。

クロストーク2「糞土思想から“みる”驚き」定員に達しました

内容:
葉っぱ野糞で約半世紀!人間の痕跡であるウンチと作品をめぐる地球生命の深い話が飛び出します。
※手話通訳有り

開催日時:
2022年8月7日(日曜日)
午前10時30分~正午(午前10時15分開場)

出演:
伊沢正名(糞土師、元自然写真家)、鴻池朋子

会場:
美術館1階講堂

聴講料:
無料

定員:
70名

申込方法:
定員に達しました
電話又はメールにて受け付けます。(電話087-823-1711、メールbijyutsu@city.takamatsu.lg.jp
7月2日(土曜日)午前8時30分より受付開始

画像:
ウンコロジー入門
伊沢正名(著)、小池桂一(絵)偕成社

伊沢正名 (いざわまさな) 略歴

1950年茨城県生まれ。糞土師。1970年より自然保護運動をはじめ、1975年頃から独学でキノコやコケ、変形菌、カビなどを専門とする自然写真家となる。同時期に土に還るべき大便が自然のサイクルの中で機能していないことに疑問を感じたことから「野ぐそ」を開始し、以来自身の活動から構築された独自のエコロジー思想「糞土思想」を展開。主な著作に『日本変形菌類図鑑』(平凡社、1995年)、『くう・ねる・のぐそ 自然に「愛」のお返しを』(山と渓谷社、2014年)、『ウンコロジー入門』(偕成社、2020年)等多数。

「筆談ダンス Dance in writing」定員に達しました

内容:
二人は声と聴覚ではなく、目と手と体を使って「音楽」について対話し、文字と絵が壁や床に描き出されます。

開催日時:
2022年8月7日(日曜日)
午後1時30分~午後3時(午後1時15分開場)

出演:
木下知威(歴史学者)、鴻池朋子

会場:
美術館2階展示室前

聴講料:
無料

定員:
25名

申込方法:
定員に達しました
電話又はメールにて受け付けます。(電話087-823-1711、メールbijyutsu@city.takamatsu.lg.jp
7月15日(金曜日)午前8時30分より受付開始

木下知威(きのしたともたけ) 略歴

1977年、福岡県生まれ。博士(工学)。歴史学者。明治時代の日本の身体障害者の身体やコミュニティについて研究している。最近は車椅子や点字がどのようにして日本にやってきたのかを明らかにした。著述に「車椅子の誕生」「点字以前」「指文字の浸透」「ひとりのサバイブ」など。ろう者で、普段は手話や筆談で会話をしている。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://www.tmtkknst.com/(外部サイト)

トポストーク

内容:
1階インタータイダル・ゾーンにて、金陽会の絵画と大島青松園「リングワンデルング」との繋がりを解説します。

開催日時:

(学芸員)
7月17日(日曜日)、24日(日曜日)午後2時~

(ボランティアcivi)
会期中の日曜日(ただし、7月17日、24日、8月7日除く)、祝日
各日午後2時~

集合場所:
美術館1階エントランスホール
※開始時間(午後2時)に、エントランスホールにお集まりください。

聴講料:
無料(ただし、観覧券は必要です。)

こども鑑賞プログラム

内容:
学芸員と一緒に展覧会を鑑賞します。

開催日時:
(1)2022年7月30日(土曜日)
(2)2022年8月20日(土曜日)
各午前10時30分~午前11時30分

会場:
美術館2階展示室

参加料:
無料(保護者は要観覧券)

定員:
各10名程度

対象:
小学生以下(小学2年生以下は保護者同伴)

申込方法:
電話にて受け付けます。(電話087-823-1711)※メール受付不可
7月15日(金曜日)午前8時30分より受付開始

ふらっとアート「ウンチをつくろう!」

内容:
実施時間内のいつでも、ふらっと立ち寄って工作できる、ふらっとアート。今回は、展覧会テーマに合わせて、「ウンチ」を粘土で作ります。
※後日8月7日(日曜日)糞土師による講評会あり!

開催日時:
(1)2022年8月4日(木曜日)午後1時~午後4時
(2)2022年8月5日(金曜日)午後1時~午後4時
(3)2022年8月6日(土曜日)午前10時~午後4時

会場:
美術館中2階こども+(プラス)

参加料:
無料(申込不要)

学校と美術館のためのプログラム

内容:
展覧会案内・美術館の活用について意見交換。

開催日時:
2022年8月27日(土曜日)
午後2時~午後4時

会場:
美術館1階講堂

定員:
10名

対象:
教員等

参加費:
無料

申込方法:
電話にて受け付けます。(電話087-823-1711)※メール受付不可
7月15日(金曜日)午前8時30分より受付開始

ミニコンサート「動物たちの音楽会 2022」定員に達しました

開催日時:
2022年8月6日(土曜日)
午後1時30分~午後2時(午後1時開場)

会場:
美術館1階講堂

協力:
香川大学

監修:
青山夕夏

参加料:
無料(要申込)

申込方法:
定員に達しました
電話にて受け付けます。(電話087-823-1711)※メール受付不可
7月15日(金曜日)午前8時30分より受付開始

高松市美術館SNS

美術館の裏側やワークショップなど関連イベントのレポートなど、高松市美術館情報を配信しています。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Facebook(外部サイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Instagram(外部サイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。twitter(外部サイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。YouTube(外部サイト)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで
Page Top

以下フッターです。

高松市美術館公式サイト

〒760-0027香川県高松市紺屋町10番地4
電話:087-823-1711 ファックス:087-851-7250
  • Facebook
  • twiiter
  • LINE
  • Google+
  • tumbler
Copyright©TAKAMATSU ART MUSEUM.All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ