このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

第3期常設展 うつろい/海と水辺の風景

常設展

2014年8月23日(土曜日)~2014年10月19日(日曜日)

【展示室1 「うつろい ―アートディレクター 篠原資明キュレーションによる―」】
うつろう、という日本語は、いにしえよりさまざまな変化を意味してきました。移動するという文字どおりの場所の変化から、花の色や顔の色の変化、ほかの女性への心うつりも含めた心の変化、時の変化などなどです。興味深いのは、20世紀の美術、とりわけ第二次大戦後の美術に、さまざまな意味での変化を感じさせ、考えさせる作品が目立ってくることです。そこで、当館コレクションより、そのような作品(11作家、16作品)を選び、展示してみることにしました。

河口龍夫と野村仁は、それぞれ、別様のうつろいを写真作品として提示しています。波打ち際のうつろいと、つぎつぎに消えていくドライアイスのうつろいです。ドライアイスに見られるような、固体から気体に変化する現象を昇華といいますが、宮永愛子は、同じく昇華性のナフタリンを使った作品により、注目される作家です。
鑑賞者自身によりもたらされるうつろいにも注目すべきでしょう。見る位置により変化して見える作品もあれば、鑑賞者がもたらす影を取り込む作品、さらには会場の音の変化に耳を傾けるよう誘う作品もあります。どのように変化を呼び込むかに、作家それぞれの工夫もあれば、コンセプトも込められているはずです。
うつろいは、無常観とも無縁ではありません。そのような思いから展示した作品もあります。夏から秋にかけて季節のうつろう時期に、うつろいの諸相に目をこらし、耳をそばだて、思いをこらすのも、一興ではありませんか。(高松市美術館アートディレクター 篠原資明)

【展示室2 「海と水辺の風景」】
讃岐漆芸の文様には、風光明媚な瀬戸内海の風景や、水辺で目にする魚や植物の姿がしばしば登場します。このたびの展示では、海と水辺の風景を題材にした漆芸作品27点(13作家)をご紹介します。

磯井如真の《乾漆 蒟醤水指 瀬戸内海之圖》 (1949年)では、五剣山や屋島、そして船が行き交う瀬戸内海ののどかな風景が、うるみ地に金色の点彫り蒟醤により描き出されています。また、磯井正美《蒟醤月あかり食籠》 (1973年)では、夜の海の静かで妖しい雰囲気が、螺鈿による月と星、そして蒟醤による黄金の波により見事に表現されています。そして、山下義人《蒟醤色紙箱 波がさね》(1988年)では、波打ち際で貝が顔をのぞかせる一瞬の風景が蒟醤により表現されています。

蒟醤、彫漆、存清という讃岐漆芸独自の技法により、瀬戸内海の美しい風景や水辺の動植物などが情感豊かに表現された作品の数々を、ぜひお楽しみください。
 
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。展覧会チラシ(PDF:148KB)

展覧会基本情報

会期:
2014年8月23日(土曜日)~2014年10月19日(日曜日)

会場:
高松市美術館

休館日:
月曜日(但し、9月15日(月曜日・祝日)、10月13日(月曜日・祝日)開館、9月16日(火曜日)、10月14日(火曜日)休館)

開館時間:
9時30分~17時(ただし、特別展開催中の火曜日~土曜日・祝日は、19時まで)
※入室はいずれも閉館30分前まで

主催:
高松市美術館
※都合により展示内容を変更する場合があります。

観覧料:
【一般】200円(団体 160円)
【大学生】150円(団体 120円)
【高校生以下】無料
【65歳以上】無料(長寿手帳が必要)
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者は入場無料
※共通定期観覧券についてはこちらから

お問い合わせ先:
高松市美術館
電話:087-823-1711
 

関連イベント

 

ギャラリートーク

開催日時:
2014年9月6日(土曜日) 14時~

会場:
高松市美術館 常設展覧会場

講師:
篠原 資明(当館アートディレクター)

入場料:
無料(ただし展示室への入場料は必要です)

お申込み:
申込不要
 

ワークショップ「西山美なコ 子どものアトリエ」

「光と色彩の効果」をテーマに、簡単な作品を作ります。

開催日時:
2014年10月18日(土曜日) 10時30分~12時

会場:
高松市美術館 1階喫茶室

講師:
西山 美なコ(第3期常設展 展示作家)

対象:
小学生

受講料:
500円

定員:
15名

お申込み:
受付終了しました
 

「西山美なコ ワークショップ&トーク」

「光と色彩の効果」をテーマに、簡単な作品を作ります。
篠原資明ディレクターを聞き手にトークも開催。

開催日時:
2014年10月18日(土曜日) 13時30分~16時

会場:
高松市美術館 1階喫茶室

講師:
西山 美なコ(第3期常設展 展示作家)

対象:
中学生~大人

受講料:
500円

定員:
15名

お申込み:
受付終了しました
 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで
Page Top

以下フッターです。

高松市美術館公式サイト

〒760-0027香川県高松市紺屋町10-4
電話 087-823-1711 ファックス 087-851-7250
  • Facebook
  • twiiter
  • LINE
  • Google+
  • tumbler
Copyright©TAKAMATSU ART MUSEUM.All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ