このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

2020年度 第2期常設展 

常設展

おうちでアート鑑賞編(展覧会を動画で紹介しています)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。照沼敦朗「ミエテルノゾム君とユウモクセイ」「ミエナイノゾミちゃんとユウモクセイ」「ミエテルカー」と大西伸明「Stepladder」「Plumment」「Glass」を紹介。(外部サイト)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。田淵太郎「Barbaric White BⅡ」「Barbaric White PⅠ」、宮永愛子「Waiting for awakening -wall clock-」「lens -sanukite-」を紹介。(外部サイト)

2020年度 第2期常設展〔常設展示室1〕 New Collection~現代アート編~


 高松市美術館の「戦後日本の現代美術」コレクションは、その質・量ともに日本屈指のものといえます。昨年度は、これまでに自主開催した展覧会とゆかりのある作品を多く収蔵することができました。

 田淵太郎(1977年香川県生)は2019年春に、コレクションをゲスト作家の作品と共に展示する「高松市美術館コレクション+(プラス)」において、八木一夫など名だたる現代陶芸家の作品と自作の白磁とを組み合わせて紹介しました。宮永愛子(1974年京都府生)は、2019年夏に個展「宮永愛子:漕法」で瀬戸内の景色やそこで暮らしてきた人々が積み重ねた時間をテーマに数々のインスタレーションを展開しました。大西伸明(1972年岡山県生)や照沼敦朗(1983年千葉県生)は、独自性・将来性のある作家を発掘・紹介するグループ展「高松コンテンポラリーアート・アニュアル」で、2014年春2019年秋にそれぞれ紹介した作家です。
 展覧会とともに新たな価値の創造に挑んだ作品たちは、高松市美術館コレクションに多様性と豊かさをもたらしてくれるでしょう。

 今後一層の活躍が期待される4作家による作品11点をお楽しみください。

田淵太郎《Barbaric White PⅠ》2019年
撮影:高橋章

宮永愛子《waiting for awakening –wall clock-》2019年
撮影:木奥惠三

大西伸明《Stepladder》2018/20年
撮影:高橋章

2020年度 第2期常設展 〔常設展示室2〕 New Collection~漆芸編~

香川の漆芸(讃岐漆芸)は、江戸末期に玉楮象谷(たまかじぞうこく)(1806-69)が、中国伝来の「存清(ぞんせい)」「彫漆(ちょうしつ)」、中国南方・東南アジア伝来といわれる「蒟醤(きんま)」という三技法に着目し、日本独自の技法へと発展、確立させたものです。

 象谷の死後は、石井磬堂(いしいけいどう)(1877-1944)、高橋睆山(たかはしかんざん)(1883-1942)、鎌田稼堂(かまだかどう)(1896-1957)らが木彫りに彩漆を施す「讃岐彫り」の名手として活躍するなど、讃岐漆芸の隆盛に貢献しました。大正時代に入ると、磬堂の内弟子であった音丸耕堂(おとまるこうどう)(1898-1997)が当時最新素材であった工業用塗料を取り入れることにより漆による色彩の表現領域を格段に広げ、大胆な意匠の作品を生み出します。

 玉楮象谷を祖とする讃岐漆芸は、石井磬堂や音丸耕堂、さらには耕堂の弟子である岡部敬象(おかべけいしょう)(1912-94)や北岡省三(きたおかしょうぞう)(1949-)といった後世の漆芸家が、伝統を継承しながらも革新的な技術やデザインを生み出すことで独自に発展してきました。

 高松市美術館は昨年度、個人所蔵家のご厚意により、讃岐漆芸作品とその研究に寄与すると考えられる周辺地域の漆芸作品の寄贈を受けました。優れた審美眼により収集された19作家による漆芸作品42点をお楽しみください。

玉楮蔵黒《堆黒香盒》 
撮影:高橋章

石井磬堂《堆朱香盆》 
撮影:高橋章

鎌田稼堂《堆漆 若草 香盒》 
撮影:高橋章

展覧会基本情報

会期:
2020年6月27日(土曜日)~9月22日(火曜日)

会場:
1階常設展示室
 
休館日:
月曜日
(ただし、8月10日(月曜日・祝日)・9月21日(月曜日・祝日)開館、8月11日(火曜日)休館)

開館時間
午前9時30分~午後5時
(ただし、特別展開催期間9月12日~9月22日の金曜日・土曜日は、午後7時まで)
 
主催:
高松市美術館
 
観覧料:
【一般】 200円(160円) 
【大学生】150円(120円)
【65歳以上・高校生以下】無料
※( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者は入場無料
高松市キャンパスメンバー制度に加盟する大学の学生は、学生証提示で観覧料免除
※共通定期観覧券についてはこちらから
 
お問い合わせ先:
高松市美術館
電話:087-823-1711
 

関連イベント

ギャラリートーク

開催日時:
2020年9月5日(土曜日)午後2時~
 
会場:
1階常設展示室

聴講料:
無料(ただし観覧券は必要です)
 

本文ここまで
Page Top

以下フッターです。

高松市美術館公式サイト

〒760-0027香川県高松市紺屋町10-4
電話 087-823-1711 ファックス 087-851-7250
  • Facebook
  • twiiter
  • LINE
  • Google+
  • tumbler
Copyright©TAKAMATSU ART MUSEUM.All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ