このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

ウルトラマン・アート! -時代と創造-ウルトラマン&ウルトラセブン

特別展

2012年9月15日(土曜日)~2012年10月28日(日曜日)


テレビから最初の怪獣ブームを生み出した「ウルトラQ」を先駆として、1966年(昭和41年)7月に放映が始まったテレビ番組空想特撮シリーズ「ウルトラマン」。 銀と赤の巨大なヒーロー、そして次々と現れる怪獣たちの魅力はテレビの前の子どもたちを釘付けにする、一大ブームを巻き起こしました。翌年にはさらに本格的なSFを目指した「ウルトラセブン」が登場。ウルトラマンとウルトラセブンは、今日まで続く変身ヒーロー、怪獣と人間たちとが織りなすファンタジードラマの原点と位置づけることができます。

放送当時、制作には円谷英二を中心に当時最新の特撮技術を使い、彫刻家の成田亨(とおる)や画家の高山良策(りょうさく)を始め美術を志した多くのスタッフが参加することにより、芸術的な表現が多く取り入れられました。ウルトラマンはもちろんのこと、登場する怪獣や宇宙人もしっかりとしたコンセプトを基にデザイン、制作されていたため、巧みな造形表現で表されていました。また、「善と悪」「未知なる物と人間とのかかわり」「社会的な問題」を感じさせるような重厚なストーリーで、それまでの子ども番組にはない魅力に溢れていました。これらの魅力をリアルタイムや再放送などで熱中した子どもたちが成長し、子どもの時とは違った視点から捉えることで、彼らの業績を再評価するべきものとして発信されています。さらに、テレビの中の2次元の世界を3次元の世界で表現した精巧なフィギュア作品なども評価されてきています。

本展覧会では、宇宙人・怪獣等のデザイン画の他、立体模型や撮影現場の記録写真、ウルトラマンをモチーフにした映像インスタレーションなど約400点を展示し、美術的な視点からウルトラマンとウルトラセブンの魅力に迫ります。映像から生まれた創造力の世界をお楽しみください。
 
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。展覧会チラシ(PDF:1,618KB)

《ジェットビートル》 番組終了後の再制作(1988年)。

《ウルトラマン》 番組終了後に再制作されたスーツ。

《記録写真》 制作当時の貴重な写真が多数展示されます。

《メトロン星人》 番組終了後の再制作。

《バルタン星人》 番組終了後に再制作されたスーツ。

《ゴモラ》 高山良策による造形。鼻先の角は劇中で折られた。

《ウルトラセブン》 番組終了後に再制作されたスーツ。

《ベロリンガ星人》 池谷仙克によるデザイン画(1968年)。

《ドラコ図面》 高山良策による図面(1966年)。

《Flying Giant》 伊藤隆介 インスタレーション(2003年)。

展覧会基本情報

会期:
2012年9月15日(土曜日)~2012年10月28日(日曜日)

会場:
高松市美術館

休館日:
月曜日(ただし、9月17日(月曜日・祝日)・10月8日(月曜日・祝日)は開館、9月18日(火曜日)・10月9日(火曜日)は休館)

開館時間:
火曜日~土曜日・祝日(9時30分~19時)/日曜日(9時30分~17時)
入室はいずれも閉館30分前まで
※初日は、10時30分~開館

主催:
高松市美術館

後援:
朝日新聞高松総局/OHK岡山放送/産経新聞社高松支局/山陽新聞社/RSK山陽放送/四国新聞社/KSB瀬戸内海放送/NHK高松放送局/TSCテレビせとうち/RNC西日本放送/毎日新聞高松支局/読売新聞高松総局

協力:
香川大学
特別協力:円谷プロダクション
展示協力:西村祐次(M1号) 企画協力:北海道立旭川美術館・北海道新聞社・キュレイターズ

観覧料:
【一般】1,000円(団体 800円) ※65歳以上も一般料金
【大学生】500円(団体 400円)
【高校生以下】無料
※前売券は美術館1階受付、ゆめタウン高松サービスカウンター、宮脇書店本店および南本店にて9月14日(金曜日)まで販売
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者は入場無料
※共通定期観覧券についてはこちらから

お問い合わせ先:
高松市美術館
電話:087-823-1711
 

関連イベント

 

スペシャルトークショー&サイン会

「ウルトラマン」科学特捜隊フジ・アキコ隊員役で初代ヒロインとして活躍した桜井浩子氏に、撮影当時のエピソードや裏話などを楽しくお話していただきます。

開催日時:
2012年9月15日(土曜日) 13時~14時

会場:
高松市美術館 1階講堂

司会:
浅井 批文(テレビせとうちアナウンサー)

ゲスト:
桜井 浩子(フジ・アキコ隊員役)

入場料:
無料

定員:
先着100名

お申込み:
申込不要
※サイン会は、図録・著書のご購入者が対象です。
 

ウルトラセブンが美術館にやってくる!写真撮影&握手会

ウルトラセブンと一緒に記念撮影をして握手ができます。
※カメラは、各自でご準備ください。

開催日時:
2012年10月8日(月曜日・祝日)
11時~11時30分、13時~13時30分、15時~15時30分(3回)

会場:
高松市美術館 2階展覧会場入口付近

入場料:
無料

定員:
各回20組限定
※各回30分前から2階受付横にて整理券を配布
 

ジオラマの世界展!

「ウルトラマン・ウルトラセブンと怪獣の世界」をテーマに公募したジオラマ作品を展示。
展示数:13点

開催日時:
2012年9月15日(土曜日)~10月28日(日曜日) 特別展開催時間内

会場:
高松市美術館 中2階

入場料:
無料
 

ワークショップ 「ミニチュアの世界を創作しよう!」

25cm四方の空間に縮小された世界を創作し、完成後、デジタルカメラを使って特撮写真撮影を体験!

開催日時:
2012年9月17日(月曜日・祝日) 9時30分~16時

会場:
高松市美術館 3階講座室3・4

講師:
前田 幸男(香川進空会所属)
高橋 章(写真家)

対象:
小学3年生~中学生

受講料:
500円(材料費300円)

定員:
20名

お申込み:
受付終了しました
 

子どものアトリエ「怪獣をつくろう!」

紙粘土などを使い自分が創造した怪獣を作る。

開催日時:
2012年9月23日(日曜日) 9時30分~16時

会場:
高松市美術館 3階講座室3・4

講師:
竹内 信善(造形作家)

対象:
小学生~中学生

受講料:
500円(材料費300円)

定員:
20名

お申込み:
受付終了しました
 

担当学芸員によるギャラリートーク

開催日時:
2012年9月22日(土曜日)・10月13日(土曜日) 両日とも14時~

会場:
高松市美術館 2階展覧会場
会場入口付近からスタートしますので時間にお集まりください

入場料:
無料(ただし展覧会会場への入場料は必要です)
 

エントランス・ミニコンサート「音楽でつづる宇宙と平和」

開催日時:
2012年10月7日(日曜日) 11時~11時30分、13時30分~14時

会場:
高松市美術館 1階エントランスホール

出演:
薦田 義明(バリトン)、松尾 美佳(ピアノ)、安友 孝宣(バンドリーダー)、香川大学生、青山 夕夏(監修)

入場料:
無料

お申込み:
申込不要
 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで
Page Top

以下フッターです。

高松市美術館公式サイト

〒760-0027香川県高松市紺屋町10番地4
電話:087-823-1711 ファックス:087-851-7250
  • Facebook
  • twiiter
  • LINE
  • Google+
  • tumbler
Copyright©TAKAMATSU ART MUSEUM.All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ