このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

子どものアトリエ 「ボクだけの仮面を作ろう!」「でっかいボクを描こう!」

森かおりさんによる子どものアトリエを開催しました。2014年3月15日~16日

段々春の日差しが見え始めた今日この頃、高松市美術館では3月15日、16日の2日間、講師に森 かおりさんをお招きして子どものアトリエを開催しました。
15日は「ボクだけの仮面をつくろう!」16日は「でっかいボクを描こう!」の日程で行われ、たくさんの元気いっぱいの子どもたちが参加してくれました。

まずは、15日の様子をご紹介します。
「ボクだけの仮面をつくろう!」では様々な画材を使って自分だけのオリジナル仮面を制作しました。制作を通して、自分自身と向き合う時間を体験しました。
仮面に貼りつける画材がたくさん用意されていました。毛糸にビーズに造花につけまつ毛に貝殻!!他にもいろいろありました。
可愛い画材ばかりでどれをつけるか迷いますね。

カラフルな色使いですね。
奥のお友達は星を描いているようです。

おや?こちらのお母様は紙を細く切って、貼り合せています。
立体の仮面ができるのでしょうか。
完成が楽しみですね。

3時間近くの作業の果て、皆さん作品が完成したみたいです。
完成した作品を一人ずつお披露目しています。
好きな色を使った!!好きな模様を描いた!!という子どもたちの感想が多かったです。

完成作品を持って1階エントランスに移動して記念撮影。
自分だけの仮面が作れて大満足のご様子です。

続きまして16日の様子をご紹介します。
「でっかいボクを描こう!」では様々な画材を使って自分の体の形を大きな紙に写しました。
一人で自分の等身大を紙に描くには大変ですからお手伝いが必要ですね。

大きな紙に自分を描くことが出来たら次は色を塗っていきます。
紙が大きいだけに色を塗る作業が大変です。
中には手が絵の具だらけに!真っ白だったTシャツが終盤、カラフルな色に変化している子どもたちがいました。
夢中で制作していた証ですね。

本日も完成した作品を1階エントランスに持っていき記念撮影をしました。
エントランスが子どもたちの作品でカラフルに染まっていますね。
自分の空想を描いている子もいれば自分が今、着ている洋服姿をそのまま描いている子。自分の顔がお花に!そして足がカブトムシに変身している子どももいました。子どもだからこそ思いつく発想が自由豊かですね。
この2日間のアトリエで元気いっぱいの子どもたちから私たちもパワーをいただくことができました。
参加してくださいました皆さまありがとうございました!!

美術館日記2へ

本文ここまで
Page Top

以下フッターです。

高松市美術館公式サイト

〒760-0027香川県高松市紺屋町10-4
電話 087-823-1711 ファックス 087-851-7250
  • Facebook
  • twiiter
  • LINE
  • Google+
  • tumbler
Copyright©TAKAMATSU ART MUSEUM.All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ