このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

国民年金保険料の納付が困難なとき

更新日:2019年2月12日

国民年金

国民年金保険料を納めるのが困難なとき

病気やけが、出産、失業、所得が少ないなど、保険料を納めることが経済的に困難な場合には、本人の申請により保険料の納付が免除や猶予される制度があります。

申請免除制度(全額,4分の3,半額,4分の1,納付猶予)

本人、世帯主、配偶者の前年所得が一定額以下の場合や失業した場合に、申請により保険料の納付が全額免除又は半額納付などの一部納付(一部免除)となる制度です。
申請免除制度には、次の5段階があります。
 
・ 全額免除       ・ 4分の1納付(4分の3免除)
・ 半額納付(半額免除) ・ 4分の3納付(4分の1免除)
・ 納付猶予
 
原則年度ごとに申請が必要で、対象期間は、7月から翌年6月までです。
※一部納付(一部免除)については、納付すべき保険料が未納の場合は、一部免除も無効となります。(未納と同じ)
 
<手続きに必要なもの>
・ 年金手帳
・ 印鑑(本人が記入する場合は不要)
・ 本人、配偶者、世帯主の離職票などの提出が必要な場合があります。
 
■ 特例免除について
 特例免除とは、申請する年度又は前年度において退職(失業)の事実がある場合に対象となります。通常の申請免除の審査対象となる本人の所得を除外して審査を行い、保険料の納付が免除されるものです。(配偶者、世帯主に一定以上の所得があるときは保険料免除が認められない場合があります。)
 特例免除の申請をされる場合、
 ・ 失業していることを確認できる公的機関の証明の写し (雇用保険受給資格者証、離職票など)
 の添付が必要です。

産前産後期間の免除制度(平成31年4月1日施行)

出産予定日又は出産日が属する月の前月から4か月間の保険料が免除されます。
なお、多胎妊娠の場合は、出産予定日又は出産日が属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。
 
<対象者>
・ 「国民年金第1号被保険者」で出産日が平成31年2月1日以降の方。
※ 出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。(死産、流産、早産された方を含みます)
 
<届出時期>
・ 出産予定日の6ヶ月前から届出可能。
※ 実際に届出ができるのは平成31年4月からです。
 
<手続きに必要なもの>
・ 年金手帳
・ 印鑑(本人が記入する場合は不要)
・ 母子健康手帳、医療機関が発行した出産日の記載がある証明書。(出産前に届出の場合)
・ 戸籍謄(抄)本、住民票などの書類が必要な場合があります。(出産後に届出の場合)

学生納付特例制度

学生で本人の前年所得が一定額以下の場合に申請することにより、保険料の納付が猶予されます。
原則年度ごとに申請手続きが必要です。対象期間は、4月から翌年3月までです。
 
<手続きに必要なもの>
・ 年金手帳
・ 印鑑(本人が記入する場合は不要)
・ 学生証又は在学証明書
・ 本人の離職票などの提出が必要な場合があります。

申請が承認されると

■ 承認された期間は、老齢、障害、遺族基礎年金の受給資格の必要な期間に反映されます。なお、一部納付については、納付すべき保険料を納付していることが必要です。
■ 免除の承認された期間にかかる老齢基礎年金の金額は、保険料を全額納付した場合と比較して次のとおり計算されます。なお、一部納付は、納付すべき保険料を納付されなかった場合は、年金額には反映されません。
 
・ 全額免除         ⇒ 年金額の2分の1[平成21年3月分までは3分の1]
・ 4分の1納付(4分の3免除)⇒ 年金額の8分の5[平成21年3月分までは2分の1]
・ 半額納付(半額免除)   ⇒ 年金額の8分の6[平成21年3月分までは3分の2]
・ 4分の3納付(4分の1免除)⇒ 年金額の8分の7[平成21年3月分までは6分の5]
 
■ 産前産後期間の免除については、保険料納付済み期間に算入されます。
■ 納付猶予、学生納付特例の承認された期間については、受給資格の必要な期間には算入されますが、老齢基礎年金の額には反映されません。
■ 将来満額の老齢基礎年金を受けるために免除、納付猶予、学生納付特例の承認期間について10年以内であれば、さかのぼって保険料を納める(追納)ことができます。
※ 保険料の追納は原則として、先に経過した期間から行うこととされています。また、保険料免除などの承認を受けた期間の翌年度から起算して、3年度目以降に保険料を追納する場合は、当時の保険料額に経過期間に応じた加算額が上乗せされます。

 

納付

産前産後
期間の免除

全額免除
一部納付
納付猶予
学生納付特例
未納

障害年金
遺族年金

受給資格期間
入ります


入ります


入ります

入ります
×
入りません

老齢年金
(基礎)

受給資格期間
入ります


入ります


入ります

入ります
×
入りません
年金額の計算


反映
されます


反映
されます


免除の区分に応じて2分の1から8分の7が反映されます

×
反映
されません

×
反映
されません

お問い合わせ先

  所在地 電話番号
高松西年金事務所 高松市錦町二丁目3番3号 電話:087-822-2840
高松東年金事務所 高松市塩上町三丁目11番1号 電話:087-861-3866

お問い合わせ

このページは市民課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎1階
電話:087-839-2282  ファクス:087-839-2280
 
(マイナンバーカード交付係)
 電話:087-839-2287  ファクス:087-839-2280

(国民年金係)
 電話:087-839-2322  ファクス:087-839-2280
 
<市民課> 
電話:087-839-2282
ファクス:087-839-2280

Eメール:shiminka@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ