このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

紙本墨書月江正印墨蹟 印可状(泰定戌辰仲春)

更新日:2018年3月1日

書跡

指定区分  重要文化財

指定年月日 昭和18年6月9日

所在地   香川県立ミュージアム(高松市玉藻町5-5)

解説
 月江正印(がっこうしょういん)のこの墨蹟は印可状(いんかじょう)といって師の僧侶が弟子に対して禅学の修行を体得したことを証明、認可したもので、現在の卒業証書のようなものである。授けられた印可状は極めて大切にしたものである。縦33センチ、横61.5センチの横軸物である。月江正印は中国福洲の人で清拙正澄(せいせつしょうしょう)の兄である。延宝元年(西暦1673年)松平頼重が病気で隠居し、讃岐で療養したいと願い出て、将軍徳川家綱から江戸城で餞別に賜ったものである。
 墨蹟(ぼくせき)は毛筆で書いた字や絵のことで、中国の宋・元時代の禅僧や、わが国の鎌倉・南北朝・室町時代前期頃の禅宗の僧侶の書いたものをいう。これらの書は書蹟(しょせき)としての形や筆勢・墨色などの美しさよりは、禅の修行によって鍛えられた気はくが表現されて気品の高い味わいのあるおもしろみを持ち、茶人や好事家に愛蔵されている。
~ 高松市歴史民俗協会・高松市文化財保護協会1992年『高松の文化財』より抜粋 ~

お問い合わせ

このページは文化財課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎7階
電話:087-839-2660  ファクス:087-839-2659

(高松市埋蔵文化財センター)
 住所:〒760-0017 高松市番町一丁目5番1号
 電話:087-823-2714  ファクス:087-823-2715 

(高松市歴史資料館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松4階)
 電話:087-861-4520  ファクス:087-837-9114 

(高松市石の民俗資料館)
 住所:〒761-0121 高松市牟礼町牟礼1810番地
 電話:087-845-8484  ファクス:087-845-5693 

(高松市香南歴史民俗郷土館)
 住所:761-1402 高松市香南町由佐253番地1
 電話:087-879-0717  ファクス:087-879-1818 

(高松市讃岐国分寺跡資料館)
 住所:〒769-0102 高松市国分寺町国分2177番地1
 電話:087-874-8840  ファクス:087-874-8840 

(菊池寛記念館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松3階)
 電話:087-861-4502  ファクス:087-837-9114 
 
<文化財課>
電話:087-839-2660
ファクス:087-839-2659

Eメール:bunkazai@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ