このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

生駒家時代讃岐高松城屋敷割図 付同引伸図

更新日:2018年3月1日

書跡

指定区分  市指定有形文化財

指定年月日 昭和50年3月13日

所在地   高松市歴史資料館(高松市昭和町一丁目2-20)

解説
 高松城は生駒親正によって天正16年(西暦1588年)に築城が開始された水城である。生駒家は2代一正、3代正俊、4代高俊と続くが、高俊の代になって家臣同士の争いから、出羽国由利郡矢島1万石に転封された。
 本図は転封後、一時讃岐国を預かった伊予3藩のうち、大洲藩主の加藤家に伝わり、さらにその後、福家惣衛氏から高松市に委譲されたものである。縦35センチ、横45.2センチで、城郭および町割を墨書し、一部彩色が施されている。寛永15から16年(西暦1638から1639年)頃の状況を描いたと考えられている。なお、同引伸図は「讃岐国高松城図寛永17年(西暦1640年)生駒家封地没収大洲藩主加藤泰興預当時」と大書きされている。
 城内は各曲輪の配置が描かれ、各曲輪の大きさ、堀幅などが記載されており、天守は4重との記載が見える。外堀の内側は武家屋敷が建ち並んでおり、各屋敷には居住者の名前が記載されている。また、外堀の外側には町屋が描かれ、丸亀町の南端が城下の南端になっていることがうかがえる。生駒家時代の高松城および城下の様子がうかがえる貴重な資料と言える。

お問い合わせ

このページは文化財課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎7階
電話:087-839-2660  ファクス:087-839-2659

(高松市埋蔵文化財センター)
 住所:〒760-0017 高松市番町一丁目5番1号
 電話:087-823-2714  ファクス:087-823-2715 

(高松市歴史資料館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松4階)
 電話:087-861-4520  ファクス:087-837-9114 

(高松市石の民俗資料館)
 住所:〒761-0121 高松市牟礼町牟礼1810番地
 電話:087-845-8484  ファクス:087-845-5693 

(高松市香南歴史民俗郷土館)
 住所:761-1402 高松市香南町由佐253番地1
 電話:087-879-0717  ファクス:087-879-1818 

(高松市讃岐国分寺跡資料館)
 住所:〒769-0102 高松市国分寺町国分2177番地1
 電話:087-874-8840  ファクス:087-874-8840 

(菊池寛記念館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松3階)
 電話:087-861-4502  ファクス:087-837-9114 
 
<文化財課>
電話:087-839-2660
ファクス:087-839-2659

Eメール:bunkazai@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ