高松市公式ホームページ もっと高松

Multilingual

平成30年度国保人間ドック助成の申請受付について

更新日:2018年9月1日

平成30年度 国保人間ドック助成の申請

平成30年度の人間ドック助成申請は平成30年3月1日(木曜日)から受付を開始します。

 高松市では、高松市国民健康保険の被保険者が人間ドックを受診する際、申請により受診費用の一部を助成しています。この助成事業の平成30年度の申請受付を、次のとおり実施します。
 なお、この助成事業は、平成30年度予算により実施するため、助成対象者の決定等は、平成30年度予算成立後となりますので、御了承ください。

助成額(予定)

項目 1日コース 1泊2日コース 脳ドック 備考
助成額
15,000円 25,000円 20,000円 窓口では、助成額を差し引いた金額が請求されます。

対象となる人

次の要件をすべて満たす人です。
1.高松市国民健康保険に加入している人。
 なお、平成30年4月1日から平成31年3月31日までに75歳になる人は、75歳の誕生日から後期高齢者医療制度に加入することになりますので、誕生日以降に受診する場合は、この助成制度の対象となりません。
2.平成30年4月1日現在で満40歳以上の人。
3.納期限の到来している保険料を完納している人。
 【注意事項】
※同一年度で、高松市が実施する「特定健康診査」や「後期高齢者医療健康診査」を受診される(た)場合は、人間ドックの「1日コース」と「1泊2日コース」の助成は受けられません。(「特定健康診査」や「後期高齢者医療健康診査」の検査項目が重複となるため)
 ただし、「脳ドック」は、「特定健康診査」や「後期高齢者医療健康診査」を受診される(た)場合でも助成を受けることができます。
※申請及び助成は、平成30年4月1日から平成31年3月31日までの人間ドック受診を対象とし、1人につき、1日コース・1泊2日コース・脳ドックのいずれか1回に限ります。
※助成申請後、やむをえず受診コースを変更する場合は、交付済の人間ドック受診票(2部複写)を返却の上、受診前に再度、助成の申請をしてください。
※平成20年度から、高松市国保では、生活習慣病に関する健診(特定健康診査)とその結果に基づく保健指導(特定保健指導)を実施しています。人間ドックの検査項目が特定健康診査の検査項目をすべて含んでいる場合は、特定健康診査を受診したこととされ、受診結果は高松市国保において、特定保健指導等に活用することとなりますので、御了承ください。

申請方法

申請受付開始日

平成30年3月1日(木曜日)

申請場所

国保・高齢者医療課(市役所1階7番窓口)又は各総合センター・支所・出張所、市民サービスセンター

必要なもの

国民健康保険証(申請日現在で有効なもの)、認め印、申請日以前の10日以内に保険料を納付した場合は、その納付を確認できる領収書等

※平成30年3月31日までに受診する人間ドック助成(平成29年度人間ドック)についての申請場所は、平成30年3月1日以降、市役所1階7番窓口のみとなります。
※平成30年3月31日は日曜日のため、平成30年度人間ドック助成の申請はできませんので御注意ください。

申請、受診等の手順

  1. 申請を希望する人は、上記の助成対象者の要件を確認の上、指定医療機関(下表参照)で、人間ドック受診の予約をします。
  2. 上記の申請方法により助成の申請をします。
  3. 助成対象者の決定後、国保・高齢者医療課から速やかに人間ドック受診票の送付等により通知します。
  4. 人間ドック受診票と国民健康保険証をお持ちの上、予約した医療機関で受診します。

高松市指定医療機関名簿(平成30年2月現在)

 受付は、市役所1階国保・高齢者医療課7番窓口のほか、各総合センター・支所・出張所、市民サービスセンターでも行っています。
 詳しくは、国保・高齢者医療課保健事業係へお問い合わせください。

高松市国保歯科ドックの助成について

お問い合わせ

このページは、国保・高齢者医療課が担当しています。

〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎1階
電話:087-839-2311  ファクス:087-839-2314

(長寿医療係)
 電話:087-839-2315  ファクス:087-839-2314

<国保・高齢者医療課>

電話:087-839-2311

ファクス:087-839-2314