このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

歴史・文化紹介テレビ広報番組「高松、歴史礼讃」

更新日:2019年8月16日

高松市で、代々受け継がれてきている伝統文化や現代に伝わる歴史物語を掘り起こす歴史・文化紹介テレビ広報番組「高松、歴史礼讃」。
ナビゲーターの武田 彩佳アナウンサーと共に、歴史・文化を紐解きます!

放送局:RSK山陽放送

「高松、歴史礼讃~命のぬくもり 高松張子~」が放送されました!

《この番組の放送は終了しました》

 令和元年8月10日(土曜日)の放送内容を動画配信しています。是非ご覧ください。

昔から人々に広く親しまれている高松張子。
赤い着物の少女「奉公さん」にまつわる悲しい伝説や
伝統工芸士の制作現場、人形に込める想いなど、高松張子の魅力をたっぷりとお伝えします!

日時:8月10日(土曜日)午後5時から5時15分
放送局:RSK山陽放送
タイトル:高松、歴史礼讃「命のぬくもり 高松張子」

バックナンバー

「幻の鉄道 ガソリンカー」

激動の時代を駆け抜けた、幻の鉄道「ガソリンカー」。
かつては仏生山町から塩江町まで、たくさんの人を運んでいました。
今なお残る鉄道跡や人々の記憶をたどりながら、その歴史と未来に迫ります!

(平成31年2月9日(土曜日)午後5時から5時15分放送分)

「あかりの心 讃岐提灯」

古くから闇を照らす灯りとして・・・、また神社やお寺の奉納品として親しまれてきた讃岐提灯。
この提灯を60年以上作り続けている職人が高松市にいます。
江戸時代から続く讃岐提灯の技を未来に受け継ごうとする人々の思いにせまります。
(平成30年8月11日(土曜日)午後5時から5時15分放送分)



お問い合わせ

このページは広聴広報課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎5階
電話:087-839-2161  ファクス:087-861-1559

(広聴係 本庁舎1階市民相談コーナー内)
 電話:087-839-2111  ファクス:087-839-2464
 
<広聴広報課> 
電話:087-839-2161
ファクス:087-861-1559

Eメール:pr_c@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ