このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

軽自動車税の減免について

更新日:2018年3月1日

3軽自動車税の減免について

 身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けられた方で、一定の要件を満たしている場合は、減免申請書の提出によって、『軽自動車税の減免』を受けることができます。障がい者一人につき、普通自動車、軽自動車、二輪の小型自動車又は原動機付自転車のいずれか1台を申請できます。

減免対象となる軽自動車等

対象者 車両の所有者 運転者
身体障がい者 18歳以上 障がい者本人 障がい者本人又は
同一生計の家族並びに
単身障がい者の常時介護者【注記1】
18歳未満 障がい者本人又は
同一生計の家族
同一生計の家族又は
単身障がい者の常時介護者
【注記1】
戦傷病者 戦傷病者本人
知的障がい者
(療育手帳マルA・A)
障がい者本人又は
同一生計の家族

精神障がい者
(精神障害者保健福祉手帳1級及び自立支援医療受給者証)
※精神通院医療に係るものに限る。

【注記1】障がい者のみで構成される世帯の、常時介護者も含めます。
 ※所有権留保の場合は、車検証の使用者名義が障がい者であれば減免可能です。
 いずれも交付日が、減免を申請する年度の4月1日までの手帳が必要です。

減免の対象に該当する身体障がいの級別又は程度

障がいの区分 身体障害者手帳
障がい者本人が運転する場合 同一生計の家族又は
常時介護者が運転する場合
視覚障害 1級から4級までの各級 1級から4級までの各級
聴覚障害 2級又は3級 2級又は3級
平衡機能障害 3級 3級
音声機能障害 3級
上肢不自由 1級又は2級 1級又は2級
下肢不自由 1級から6級までの各級 1級から3級までの各級
体幹不自由 1級から3級までの各級又は5級 1級から3級までの各級
乳幼児期以前の非進行性の
脳病変による運動機能障害
上肢機能 1級又は2級 1級又は2級
移動機能 1級から6級までの各級 1級から3級までの各級
心臓機能障害 1級又は3級 1級又は3級
じん臓機能障害 1級又は3級 1級又は3級
呼吸器機能障害 1級又は3級 1級又は3級
ぼうこう又は直腸の機能障害 1級又は3級 1級又は3級
小腸機能障害 1級又は3級 1級又は3級
ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害 1級から3級までの各級 1級から3級までの各級
肝臓機能障害
(平成22年4月1日から追加)
1級から3級までの各級 1級から3級までの各級

【注意】次の場合も、減免の対象となる障害の範囲に含めることとします。
(1)身体障がい者が所有する軽自動車を当該身体障がい者が自ら運転する場合、「下肢不自由7級」の重複により合計級数が6級である場合
(2)身体障がい者(身体障害者手帳の交付を受けている者)のために生計を一にする者又は常時介護する者が運転する場合、常時介護する者が運転する場合、両下肢の障がい者がそれぞれ「4級の4」と「4級の4」で合計級数が2級である場合
※同一の障がい区分における複数の障がい等級をお持ちの場合、合計等級で判定します。これにより、それぞれの障がい等級が要件を満たしていなくても、減免対象となる場合があります。詳しくは高松市役所市民税課までお問い合わせください。
戦傷病者手帳は、減免の巻末を御覧ください。

障がい者に対する減免申請手続き

 減免の申請は、本庁舎2階14番窓口(市民税課)、各総合センター、各支所(山田支所を除く)で受け付けます。

(1)申請に必要な書類
 (1)減免申請書
 (2)納税通知書(納税せずに御持参ください。)
 (3)自動車検査証
 (4)身体障害者手帳、又は、療育手帳、又は、精神障害者保健福祉手帳及び自立支援医療受給者証(精神)のいずれか。
 (5)運転免許証(本人運転か、家族等による運転かを確認いたします。)
 (6)印鑑(認印)
 (7)納税義務者の個人番号カード若しくは通知カード(写しでも可)
 ※身体障がい者等のみで構成される世帯の方を常時介護する者が運転する場合
 上記(1)~(7)のほかに次の書類が必要です。
 自動車の運行状況を記入する「自動車運行計画書」、運転者が常時介護するものであることを証明する「常時介護者の誓約書」

(2)申請の受付期間
 減免申請の受付は、軽自動車税納税通知書が届いてから納期限までに申請してください。
 軽自動車税納税通知書が届かない場合や、期間内に申請できない特別な事情がある場合は、お早めに市役所市民税課まで御連絡ください。
(3)一度承認された軽自動車等について
 一度承認された軽自動車等は、翌年度より継続減免確認書を送付いたします。
 承認された時の申請事項について変更がない場合、その確認書の提出のみで申請することができます。(受付期間は新規申請と同じ(納期限まで)です。)
※承認された時の申請事項とは、車両(標識)番号・納税義務者・運転者・生計を一にしている状況・障がいの等級をいいます。
(4)軽自動車等を買い換えられたとき
 翌年度は継続減免の申請はできません。翌年度の期限内(納期限まで)に新規申請をしてください。

車いすの昇降装置などのある軽自動車(構造減免)

 車いすの昇降装置、車いすの固定装置、浴槽の装備など特別の仕様により製造された軽自動車や、一般の軽自動車などでこれらと同様の構造変更が加えられたものは、減免申請書の提出によって『軽自動車税の減免』を受けることができます。
※『構造減免』申請時は、車検証が必要です。車検証に「車いす移動車」又は「身体障害者輸送車」の記載が無い場合は、写真(ナンバー及び改造部分が判断できるもの)も必要です。
※減免申請の受付は、軽自動車税納税通知書が届いてから納期限までに申請してください。

社会福祉事業を行う公益法人などの所有する軽自動車等(公益減免)

 社会福祉事業を行うことを目的とする公益法人などで収益事業を行わないものが所有者として登録し、身体障がい者(児)又は老人等の送迎などに使用する軽自動車などについて、減免申請書の提出によって『軽自動車税の減免』を受けることができます。
※『公益減免』申請時は、社会福祉事業を行っていることを証明するもの(社会福祉事業に係る補助金の決定通知書等の写し)、運行計画書、定款、寄付行為など法人の活動内容が分かる書類の写しが必要です。
※減免申請の受付は、軽自動車税納税通知書が届いてから納期限までに申請してください。

地域の自主防犯活動用軽自動車(公益減免)

 下記の(1)及び(2)の要件を満たしていて、継続して自主防犯パトロール活動を1週間に1回以上実施することが見込まれる団体又は者が使用している、地域の自主防犯パトロールに使用している青色回転灯を装着している軽自動車について、減免申請書の提出によって『軽自動車税の減免』を受けることができます。
 (1)自動車検査証に「自主防犯活動用自動車」の記載のある軽自動車
 (2)警察本部発行の「青色回転灯を装着して適正に自主防犯パトロールを実施することができる団体である。」ことの証明書に記載された軽自動車
※ただし、上記(1)及び(2)を満たしていても、防犯活動を生業としている法人(警備会社等)が所有する車輌を除く。
※減免の申請には、自動車検査証、車輌の写真(青色回転灯を搭載していることがわかるもの)、高松市コミュニティ協議会の証明書(コミュニティ協議会から委託を受けている団体又は個人)、申出書(コミュニティ協議会からの証明書が受けられない場合)、活動計画書が必要です。
※減免申請の受付は、軽自動車税納税通知書が届いてから納期限までに申請してください。

貧困の場合

 生活保護法に定める扶助を受けている方が所有する原動機付自転車は、減免申請書及び生活保護証明書の提出によって『軽自動車税の減免』を受けることができます。また、市長が当該扶助を受ける者に対して保有を認めている軽自動車についても、減免申請書及び生活保護証明書の提出によって『軽自動車税の減免』を受けることができます。
※貧困の場合の減免は、毎年、申請が必要です。
※減免申請の受付は、軽自動車税納税通知書が届いてから納期限までに申請してください。

戦傷病者手帳での減免の対象となる障がいの程度

障がいの区分 戦傷病者手帳
障がい者本人が運転する場合 同一生計の家族又は
常時介護者が運転する場合
視覚障害 特別項症から第4項症までの各項症 特別項症から第4項症までの各項症
聴覚障害 特別項症から第4項症までの各項症 特別項症から第4項症までの各項症
平衡機能障害 特別項症から第4項症までの各項症 特別項症から第4項症までの各項症
音声機能障害 特別項症から第2項症までの各項症
上肢不自由 特別項症から第3項症までの各項症 特別項症から第3項症までの各項症
下肢不自由 特別項症から第6項症までの各項症及び
第1款症から第3款症までの各款症
特別項症から第3項症までの各項症
体幹不自由 特別項症から第6項症までの各項症及び第1款症から第3款症までの各款症 特別項症から第4項症までの各項症
心臓機能障害 特別項症から第3項症までの各項症 特別項症から第3項症までの各項症
じん臓機能障害 特別項症から第3項症までの各項症 特別項症から第3項症までの各項症
呼吸器機能障害 特別項症から第3項症までの各項症 特別項症から第3項症までの各項症
ぼうこう又は直腸の機能障害 特別項症から第3項症までの各項症 特別項症から第3項症までの各項症
小腸機能障害 特別項症から第3項症までの各項症 特別項症から第3項症までの各項症

お問い合わせ

このページは市民税課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎2階
電話:087-839-2233
ファクス:087-839-2230

Eメール:shiminzei@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ