地区施設の配置及び

規模

主として歩行の用に供する青空、非青空の空地

        

        

        

 

 

10m以上

約100m

高さ約12m以上

計画図表示のとおり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建築物等に関する事項

地区の

区分

名称

センター地区

駅 前 地 区 A

駅 前 地 区 B

港湾関連地区

鉄道関連地区

  西   

 

   

面積

約 7.5 ha

約 1.7 ha

約 2.5 ha

約 1.8 ha

約 5.5 ha

約 5.2 ha

約 3.6 ha

建築物等の用

途の制限

次の各号に掲げる建築物は建築してはならない。

1.住宅、共同住宅、寄宿舎、下宿その他これらに類するもの

2.工場(建築基準法施行令第130条の6で定めるものを除く。)

3.倉庫業を営む倉庫

4.マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

5.風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第6項の規定に該当する営業に係わるもの

 

1.住宅、共同住宅、寄宿舎、下宿その他これらに類するもの

2.工場(建築基準法施行令第130条の6で定    めるものを除く。)

3.倉庫業を営む倉庫

4.マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投   票券発売所、場外車券売場その他これらに類 するもの(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第1項第5号の規定に該当する営業に係わるものを除く。)

5.風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第6項の規定に該当する営業に係わるもの

1.風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第6項の規定に該当する営業に係わるもの

建築物の敷地

面積の最低限度

7,000 u

ただし、次の各号の一に該当するものについて      は、この限りでない。

1.公衆便所、巡査派出所その他これらに類する建築物の敷地として使用する場合

2.公益上その他特別の理由により市長がやむを得ないと認めた場合

 

 

 

―――――

2,600 u

ただし、次の各号の一に該当するものについ   ては、この限りでない。

1.公衆便所、巡査派出所その他これらに類する   建築物の敷地として使用する場合

2.公益上その他特別の理由により市長がやむを   得ないと認めた場合

 

 

 

―――――

100 u

ただし、次の各号の一に該当するものについて    は、この限りでない。

1.公衆便所、巡査派出所その他これらに類する建築物の敷地として使用する場合

2.土地区画整理事業の保留地又は換地等された土地で所有権その他の権利に基づいてその全部を一の敷地として使用する場合

壁面の位置の

制限

建築物の外壁又はこれに代わる柱の面から、道路境界線若しくは多目的広場及び駅前広場境界線までの距離は、次に掲げる値以上としなくてはならない。(計画図表示のとおり)

ただし、公共公益上やむを得ない建築物、公開されたペデストリアンデッキの付帯施設、地盤面下の建築物及び建築物の管理上最小限必要な付帯施設についてはこの限りではない。

1号壁面線においては、

道路境界線から1m

2号壁面線においては、 道路境界線又は多目的広場境界線から3m

2号壁面線においては、

道路境界線又は駅前広場境界線から3m

4号壁面線においては、  道路境界線から6m

3号壁面線においては、

建築物の1階の外壁は駅前広場境界線から3m

(ただし、柱はこの限り   でない)

1号壁面線においては、道路境界線から1m

2号壁面線においては、道路境界線から3m

3号壁面線においては、

建築物の1階の外壁は駅前広場境界線から3m

(ただし、柱はこの限り   でない)

1号壁面線においては、

道路境界線から1m

3号壁面線においては、 建築物の1階の外壁は駅前広場境界線から3m

(ただし、柱はこの限り   でない)

 

 

 

―――――

建築物等の形態又は意匠の 制限

1.建築物の外壁や屋根の色彩は、周囲の環境に調和したものとする。

2.屋外広告物は、過大とならず周囲の環境と調和するよう色彩、大きさ及び設置場所に留意し、美観、風致を損なわないものとする。

3.高架水槽等の屋上設置物及び工作物は地上や周囲からの景観に配慮したものとする。

かき又はさく

の構造の制限

かき又はさくを設けてはならない。

ただし、やむを得ずかき又はさくを設ける場合には、その構造を高さ1.2m以下の生垣などとしなければならない。なお、壁                        面の位置の制限を越えてかき又はさくを設けてはならない。

 

――――――――――

「地区計画区域、地区整備計画区域、地区施設の配置及び規模、並びに壁面の位置の制限は計画図表示のとおり」  

 

理 由

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の一部が改正されたことにより、条文の引用箇所について変更するものである。