このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

「おうちで下水処理場探検! ~下水道のヒミツを探ろう~」(令和2年度)°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

更新日:2020年11月20日

令和2年度は、新型コロナウイルス対策のため、下水処理場の見学の受付を停止しています。
恒例の夏休みの下水処理場探検が開催できず、残念でした。
そこで、おうちで下水処理場探検!ができるよう、簡単な見学マップを作成しました。
安全に、楽しんでいただけるとうれしいです。°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°
見学が再開した時の楽しみを残しておくため、通常の見学よりも簡単な紹介としていますが、ご了承ください。

下水道の役割

下水道には、大きく分けて、3つの役割があります。

※(1)と(2)は、それぞれ2020年2月と10月にTwitterとfacebookに掲載したものと同じ内容です。

(1)大雨から街を守る


大雨から街を守っている設備を1つ、ご紹介します!

高松の中心市街地(東部地区)の雨水を詰田川へ排水している、福岡ポンプ場の、市内で2番目に大きなポンプです。

2019年12月、3台目が設置されました。

身長178cmの人と比較して、この大きさ!1分間に、雨水を314立方メートル(バケツで言うと、31,400杯くらい)排水することができます。

(2)快適な生活ときれいな街を守る

突然ですが、これは、なんでしょう?

ところでみなさまは、道路上にある「マンホールポンプ施設」をご存知ですか?

下水道管は、自然流下で(高い土地から低い土地へ自然に)汚水を下水処理場まで流しています。

そこで、低い土地や下水道管が地下深くなりすぎた場所などに設置され、汚水をくみ上げて次の場所へ送っているのがマンホールポンプです。


このような形で、マンホール内にポンプや配管、ケーブル等が入っています。

このマンホールポンプに、最近、異物が詰まる事象が多発しています。

特に多いのが雑巾や下着、紙おむつ等です。

ポンプに異物が詰まってしまうと、修理や異物の除去作業に伴い、道路の通行制限やトイレの使用を控えていただくなど、ご不便をおかけする恐れがあります。

また、汚れた水が処理されずに溜まると、悪臭や蚊・ハエなどが発生して、不衛生になります。

下水道は、汚れた水を集めて流すことで、街の美化と伝染病を防ぐ働きをしていますので、みなさまのご家庭の流しやトイレ等から、水に溶けないものや油を流さないよう、ご協力をお願いいたします。

下水道を正しく使って、みんなで快適な生活ときれいな街を守りましょう☆

(3)美しい川や海を守る ★今回作成したマップはこちら。

下水処理場のそれぞれの施設が果たす役割をご覧ください♪


市政広報番組「ワンダフルたかまつNEXT」で、下水道のヒミツが紹介されています。
香東川浄化センターでも、撮影が行われました。
ぜひ、ご覧ください♪

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは下水道施設課が担当しています。
〒761-8012 高松市香西本町762香東川浄化センタ-・管理棟1階
電話:087-842-5421
ファクス:087-842-5423

Eメール:gesuisisetsu@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ