LIFE LIFE LIFE 高松障がい者アートリンク事業報告展vol.2

LIFE LIFE LIFE
lifelifelife

【期  間】 平成27年3月14日(土)〜3月29日(日) 
【時  間】 午前9時〜午後5時(入館は午後4時半まで)
【入 館 料】 一般300円、大学生150円(常設展観覧料含む/団体は20名以上2割引)
       高校生以下、65歳以上の方、障害者手帳等の所持者は無料
【休 館 日】 月曜日(ただし休日の場合はその翌日)
【主  催】 高松市塩江美術館、高松市(平成26年度高松市障がい者アートリンク事業)
【企画コーディネート】NPO法人ハート・アート・おかやま


障がいのある人たちの日常に、アーティストがやって来ました。どんなことが始まったのでしょう。ぞれぞれの日常のリンクから生まれた世界の報告展を行います。
アーティストとともに継続的に芸術活動に携わることで、障がい者の自己実現を促し、障がい者の社会参加や幅広い市民文化の創造につなげることを目的に、2014年度から障害福祉サービス事業所にアーティストを派遣してきました。これまでも瀬戸内国際芸術祭の関連イベントとして、障がい者とアーティストがペアになって創作活動に取り組む「高松アートリンク・プロジェクト」を開催しており、個性豊かな作品は市民らの注目を集めてきました。2014年度から取り組んでいるこの事業は、1対1のペアで行うアートリンクを発展させた試みとして行ってきました。
今回の報告展を通して、豊かな感性や創造性の芽を持つ障がい者たちとアーティストの関わってきた軌跡を辿り、新たな価値・可能性を見出していきたいと考えています。

会期前の2月26日(木)・27日(金)には、高松市役所においてパネル展示も行います。

参加施設×参加アーティスト

◆障害者支援施設 銀星の家(社会福祉法人 銀星の家)× 岡田毅志(美術家)
高松市屋島西町2366-11
◆障害福祉サービス事業所 かすがの里・あじさい(社会福祉法人ナザレの村) × 清水直人(美術家)
高松市春日町1291-1
◆障害者支援施設ウインドヒル(社会福祉法人ポム・ド・パン) × 千葉尚実(美術家)
高松市三谷町3851
◆地域活動支援センター ライブサポートセンター(医療法人社団 以和貴会) × 岩本象一(打楽器演奏家)
高松市岡本町字上新開60-1
◆障害福祉サービス事業所ほのぼのワークハウス(特定非営利活動法人ほのぼのワークハウス) × 岩本象一(打楽器演奏家)
高松市牟礼町原765
◆障害福祉サービス事業所 朝日平成園(社会福祉法人朝日園) × yummydance(ダンサー、振付)
高松市前田東町585-21

イベント

※終了しました

場所:塩江美術館 企画展示室
料金:無料(ただし入館料が必要)

◎ 参加作家によるギャラリートーク
  3月14日(土) 14:00〜15:00

◎ 藤浩志さんとトークセッション「対話する。リンクする。」
  3月14日(土) 15:00〜16:30

HiroshiFuji

藤 浩志(Fuji, Hiroshi/ふじひろし) 美術家
1960年鹿児島生まれ。京都市立芸術大学在学中演劇活動に没頭した後、地域社会を舞台とした表現活動を志向し京都情報社を設立。京都市内中心市街地や鴨川などを使った「アートネットワーク’83」の企画以来全国のアートプロジェクトの現場で「対話と地域実験」を重ねる。同大学院修了後青年海外協力隊員としてパプアニューギニア国立芸術学校勤務。都市計画事務所勤務を経て92年、藤浩志企画制作室を設立。各地で地域資源・適正技術・協力関係を活かしたデモンストレーションを実践。福岡県糸島市在住。NPO法人プラスアーツ副理事長。十和田市現代美術館館長。秋田公立美術大学アーツ&ルーツ科教授 

◎ ダンス&音の広場
  (ダンス:朝日平成園&yummydance、音の広場:ほのぼのワークス&岩本象一)
  3月15日(日)/17日(火) 14:00〜15:00

LIFE_picture

↑このページの上へ