Top消防・危機管理防災マップ高松市防災マップ → 高松市防災マップの使い方
PDFビューワーソフトをダウンロードします

※防災マップのデータはPDFファイル形式です。
閲覧できない場合は「Adobe Reader」ソフトを左のアイコンからクリックして、
ダウンロードしてからインストールしてください。(無料です)

高松市防災マップ

高松市防災マップの使い方

この防災マップは、災害の発生により被害が想定される内容、場所を事前に知っていただき、災害に備えていただくことを目的としています。

1.想定される災害を知る

  1. 発生が想定される災害の特徴や対策を知るには

    防災対策情報

    南海トラフ地震における被害想定や避難行動・減災対策、風水害における対策、地域における防災活動の紹介、家庭内における備えなど、役立つ情報を掲載しています。

  2. 発生が想定される災害の危険箇所や災害時に利用が想定される施設を知るには

    地域コミュニティ別ハザードマップ

    地域コミュニティの区域を基に、県公表の南海トラフ地震(最大クラス)が発生した場合に想定される津波の浸水域・浸水深や土砂災害危険箇所を掲載するとともに、指定緊急避難場所・指定避難所、災害時応急給水所、緊急輸送路、公衆電話、医療機関、銀行、ガソリンスタンドなど、災害時に利用が想定される情報を掲載しています。

    河川・高潮・ため池ハザードマップ

    香東川・新川・春日川・本津川が氾濫(はんらん)した場合や高潮被害、また貯水量10万トン以上のため池が決壊した場合のそれぞれの浸水想定区域及び水深を掲載しています。

2.活用方法など

  1. いざという時に備え、日頃から自宅の最寄りの避難所はどこか、避難経路はどこが安全か、緊急連絡先はどこか、などを確認のうえ、わかりやすいところに保管するとともに災害時には携行しましょう。
  2. 日頃の備えや災害時の心得を記載していますので、大雨や洪水に対する備え、地震時の心得をよく読んで、災害への備えをしてください。
  3. 家族で、防災マップを見ながら自宅の周辺にどのような危険箇所があるか、避難所や連絡方法などをお互いに確認をしてください。
  4. 地域で、避難所や危険箇所を確認し、防災訓練などに活用してください。
  5. 災害が発生したときに、被害を最小限に食い止めるには、地域や家庭での自主防災活動が非常に大切です。大雨や台風の時には、気象情報や周囲の自然状況に特に気を配り、少しでも危険を感じたら、隣近所で声を掛け合い、 早めに避難してください。
ページ
上へ