さぬき瀬戸しまネッ島
大島粟島
ホーム
島データアクセス


大島青松園
TEL087-871-3131

【所在地】香川県高松市庵治町
【面積】0.73平方km
【周囲】5.5km
【標高】68m
【世帯数】96世帯(2010.4.1)
【人口】127人(2010.4.1)
【窓口】
●高松市地域政策課
TEL087-839-2277 
【ホームページのリンク】
大島青松園
 庵治港の北西約2.5kmの海上にある。
 古くは源平合戦の戦場にもなった島で、屋島の大合戦に敗れた平家方の墓に植えられた松が、800年の歳月を経て、「墓標の松」として残っている。江戸期には高松藩最大の島として山守りが置かれ、明治時代には10戸ほどが半農半魚の生活を営んでいた。
 もともとは2つの島からなり、砂洲でつながった。標高67.6mと小柄な山体で、中央の平坦部には明治42年に中国・四国8県連合の大島療養所として設立された国立療養所大島青松園がある。青松園では、昭和6年から入園者自身による自治会(協和会)が発足しており、昭和56年3月には自治会50年史の発刊もなされている。


このページは、(財)日本離島センター発行の「日本の島ガイドSHIMADAS(シマダス)」(1998年)の内容の一部を転載したものを含んでいます。このページの一部または全部を無断で複製することはできません。
(C)日本離島センター National Institute for Japanese Islands