このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

重要無形文化財「蒟醤」保持者認定 記念展示「大谷早人展」

重要無形文化財「蒟醤」保持者認定 記念展示「大谷早人展」

大谷早人氏は現在の高松市男木町に生まれ、香川県立高松工芸高等学校漆芸科及び香川県漆芸研究所で蒟醤をはじめとする漆芸技法を習得、故 太田 儔(重要無形文化財「蒟醤」保持者)に師事し籃胎蒟醤の技法を体得しました。
 籃胎蒟醬とは、竹ひごを編んだ素地に漆を塗り重ね、その漆面に彫刻刀で文様を彫り、その彫り口に色漆を埋めて研ぎだす伝統技法です。大谷氏は素地の造形から仕上げにいたるまでの一貫した制作を行い、籃胎の網目を表現として生かしつつ籃胎で加飾する技法を得意とします。籃胎と蒟醤とを調和させた、繊細な色彩による品格のある作品は、漆芸に新たな作風を切り拓いたとして高く評価されています。
 また、香川県漆芸研究所で工芸指導員として技術指導に当たるとともに、日本伝統工芸展等の鑑査委員等を務めるなど、後進の指導・育成にも尽力しています。

 この度、大谷氏が国の重要無形文化財「蒟醤」保持者(人間国宝)に認定されることが内定しましたので、先駆けて館所蔵の同氏作品3点を記念展示いたします。

展示基本情報

展示期間:
2020年7月18日(土曜日)~9月22日(火曜日・祝日)

会場:
1階常設展示室 常設展示室2
2020年度 第2期常設展と一緒にご覧いただけます

休館日:
月曜日
(ただし、8月10日(月曜日・祝日)・9月21日(月曜日・祝日)開館、8月11日(火曜日)休館)

開館時間:
午前9時30分~午後5時
(ただし、特別展開催期間9月12日~9月22日の金曜日・土曜日は、午後7時まで)
 
主催:
高松市美術館
 
観覧料:
2020年度 第2期常設展と一緒にご覧いただけます
【一般】 200円(160円) 
【大学生】150円(120円)
【65歳以上・高校生以下】無料
※( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者は入場無料
※高松市キャンパスメンバー制度に加盟する大学の学生は、学生証提示で観覧料免除
※共通定期観覧券についてはこちらから
 
お問い合わせ先:
高松市美術館
電話:087-823-1711

本文ここまで
Page Top

以下フッターです。

高松市美術館公式サイト

〒760-0027香川県高松市紺屋町10-4
電話 087-823-1711 ファックス 087-851-7250
  • Facebook
  • twiiter
  • LINE
  • Google+
  • tumbler
Copyright©TAKAMATSU ART MUSEUM.All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ