高松市美術館公式サイト

特別展 「モダニズムの金工家 北原千鹿展」 2017年2月21日(火)~3月26日(日)

高松市美術館の収集方針のひとつに「香川の美術(漆芸・金工)」がありますが、その金工コレクションの中核をなす作家として、高松出身の工芸家・北原千鹿(きたはらせんろく)(1887-1951)の存在があげられます。千鹿は1926(大正15)年、高村豊周(たかむらとよちか)らと新しい工芸美術をめざしたグループ「无形(むけい)」を結成、翌1927(昭和2)年には大須賀喬(おおすがたかし)、鴨政雄(かもまさお)ら同郷の若手工芸家たちと「工人社」を結成主宰し、昭和初期の旧態依然とした工芸界に新風を吹き込みました。本展では、近代日本工芸史に大きな足跡を残した北原千鹿の初期から晩年に至る代表作や貴重な下図等約80点をご紹介し、卓抜な彫金技法と豊かな造形感覚を駆使した千鹿作品の魅力に迫ります。
写真(左):北原千鹿肖像

展覧会基本情報

会期:
2017年2月21日(火)~3月26日(日)
会場:
高松市美術館
休館日:
月曜日(但し3月20日(月・祝)は開館、翌3月21日(火)休館
開館時間:
9:30~19:00
(但し日曜日は17:00閉館/入室は閉館30分前まで)
主催:
高松市美術館
共催:
四国新聞社
助成:
財団法人自治総合センター
観覧料:
【一般】800円(640円)※65歳以上も一般料金
【大学生】500円(400円)
【高校生以下】無料
※( )内は前売り及び20名以上の団体料金
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者は入場無料
※前売チケットは、美術館1階受付、高松市役所生協、ゆめタウン高松サービスカウンター、
宮脇書店本店及び南本店にて2月20日(月)まで販売(但し、高松市美術館では2月19日(日)までの販売)
※共通定期観覧券についてはこちらから
お問い合わせ先
高松市美術館
TEL 087-823-1711

関連イベント

記念講演会「昭和の工芸をつくった偉人―北原千鹿」

開催日時:
2017年2月25日(土)14:00~15:30
会場:
高松市美術館1階講堂
  
入場料:
無料
  
定員:
先着150名
講師:
樋田豊次郎(東京都庭園美術館館長)

ワークショップ「彫金でペンダントを作ろう!」

開催日時:
2017年3月5日(日)13:00~16:00
会場:
高松市美術館3階講座室
受講料:
500円、材料費は別途
持ち物:
事前に図柄を考えておいてください。
     
定員 :
先着20名(小学5年生以上)
講師:
山下晴義(金工家)
  
お申込み:
2017年2月15日(水)8:30より電話受付(087-823-1711)

子ども鑑賞プログラム「番外編 アートで遊ぼう!」

内容:
特別展「北原千鹿展」を鑑賞、作品のスケッチを元にモビールを作ります。
 
開催日時:
2017年3月25日(土)
会場:
高松市美術館3階講座室
講師:
当館学芸員
     
対象:
    
小学1~6年生
  
受講料:
無料
     
定員 :
先着15名(小学5年生以上)
お申込み:
2017年3月1日(水)8:30より電話申込(087-823-1711)

友の会スペシャル・イベント「銅板レリーフを作ろう!」

内容:
銅板を用いたオリジナルレリーフを作ります
   
開催日時:
2017年3月18日(土))13:00~16:00
会場:
高松市美術館3階講座室
講師:
山下晴義(金工家)
     
対象:
    
どなたでも
受講料:
500円(会員は無料)、材料費は別途
     
定員 :
先着20名(小学5年生以上)
お申込み:
2017年3月1日(水)8:30より電話申込(087-823-1711)

エントランス・ミニコンサート「伝統から未来へ繋ぐコンサート」

  
演奏:
青木香璃(箏)、木村園代(三絃、箏)、松本恵(箏、十七弦)、西森敬二(尺八)
演奏曲:
「光のしづく」「沙羅の花」他
 
開催日時:
 
2017年3月4日(土)13:30~14:00
会場:
高松市美術館1階エントランスホール
  
入場料:
無料
お申込み:
不要。希望者は直接会場へお越しください。

ギャラリートーク

開催日時:
学芸員:2017年3月4日(土)14:15~
  
ボランティアcivi:会期中の毎日曜日・祝日 11:00~、14:00~
会場:
高松市美術館 2階展示室
受講料:
無料(ただし観覧券は必要です)